スキンケアに頑張る貴女に贈る皮膚科のススメ スキンケアに頑張る貴女に贈る皮膚科のススメ

スキンケアに頑張る貴女に贈る皮膚科のススメ

2015.09.17 エイジングケア/治療・施術法
このエントリーをはてなブックマークに追加

つるつるすべすべ、ハリと弾力のある肌は女性の憧れです。そんな肌になろうと思ってスキンケアを色々試して、つるつるを目指すのだけれど、どうもイマイチ合う化粧水が見つからない・・・ということはありませんか?肌荒れ、ニキビなど、それはスキンケアが間違っているのでしょうか。

まずは皮膚科へ

肌荒れなだけで何故皮膚科へ行かねばならないの?と疑問の声も聞こえてきそうですが、実際肌がカサカサしたり、ニキビが繰り返しできてしまう場合は皮膚科へ通ったほうが良いでしょう。実際モデルさんや芸能人など多くの人が見る仕事をしている女性は皮膚科を活用しているのです。

洗顔を見直すことも大切

クレンジングと洗顔は切っても切り離せない存在です。そしてメイクをしている女性にとって必要なアイテムですよね。しかしここで間違っている女性が数多くいるのです。クレンジングは頬骨のシミを作っていることもあるのです。ゴシゴシクレンジングでこすることで、色素沈着が起こってしまうのです。

また洗顔もクレンジングと同じく、モコモコの泡で、泡をクッション代わりにして指先が顔に付かない程度に泡を転がすように洗顔するのがベストでしょう。

皮膚科へ行くメリット

皮膚科では、専用のクリームを処方してくれることがほとんどどです。化粧水や乳液を出してもらうこともあります。肌荒れをした場合、皮膚科のクリームを使い、トラブルのない時にはいつものスキンケアに戻す、というやり方も良いですね。何より続けられるスキンケアが大切ですから、肌荒れはもしかすると自分では治せない可能性もありますから、気軽に皮膚科へ通ってみましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる