『下剤』と『浣腸』それぞれのメリットとデメリットとは? 『下剤』と『浣腸』それぞれのメリットとデメリットとは?

『下剤』と『浣腸』それぞれのメリットとデメリットとは?

2015.09.18 痩身/トリビア雑学
このエントリーをはてなブックマークに追加

何日も便秘になってしまって苦しい。お腹がぽっこりして嫌だ。などと女性に多い悩みの便秘ですが、便秘解消のための手段として下剤と浣腸があります。この2つのメリット、デメリットを理解して使っていますか?

下剤のメリット・デメリット

下剤は、薬の効果で腸のぜん動運動を活発化させ排便を促すタイプと、水分が足りなく硬くなってしまって排出できない便と腸に水分を与えて排便やすくするタイプの2種類があります。

下剤のメリットとしては浣腸と違って手軽だということです。そして即効性があります。デメリットとしては下剤によっては頭痛や吐き気などの副作用がでる可能性があることと、過度に使用すると下痢になったり腸内環境を壊す可能性があります。

浣腸のメリット・デメリット

浣腸は、お尻から液体を注入して便秘を解消します。これは液体によって硬くなった便を柔らかくする以外にも、腸を刺激して腸の働きをよくし、腸壁の滑りを良くして排便をしやすくする、という効果のためです。

浣腸のメリットは即効性があることです。そして副作用が少ないためお年寄りや子供にも使用することが出来ます。デメリットとしては適切な頻度で使用しないと習慣性がついてしまい、浣腸がないと便意を感じられなくなったり排便できなくなってしまいます。

大事なのは体に合った方を選ぶこと

いずれの方法にも一長一短があり、その状況によって使い分けるべきではありますが、あくまでも下剤も浣腸も緊急措置ということは忘れないでください。本来であれば、腸内環境を整えることで便秘しにくい環境を整えることが大事です。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる