サンダルで酷使した“足の裏”を簡単フットケア♪驚きのそのアイテムとは? サンダルで酷使した“足の裏”を簡単フットケア♪驚きのそのアイテムとは?

サンダルで酷使した“足の裏”を簡単フットケア♪驚きのそのアイテムとは?

2015.09.22 女磨き/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

サンダルを履く季節になると足の裏の角質が厚くなってガサガサになっているのが気になりますよね。フットケアというと大変そうですが、家にあるもので簡単にフットケアをしましょう。

なぜがさがさになるの?

足の裏やかかとは全体重が常にかかり、衝撃や圧力が継続的に加わります。そうすると、その刺激に対して体を守ろうとする防衛反応によって、皮膚が厚く硬くなっていきます。皮脂腺がないかかとは、油分が不足して乾燥しやすい部分。そこに様々な要因で古い角質がはがれにくくなり蓄積され、かかとの乾燥がさらに進み、ヒビが割れたりがさがさになるのです。

角質ケアを怠ると足のトラブルの元に

角質が厚く硬くなっていると意外にも水虫の温床になりやすいのです。実は、細菌は角質を栄養にして育つからです。また、角質がより硬くなるとタコになったり、角質の下に芯ができてウオノメになったりします。

足の裏をツルスベにする簡単ケア

まず、入浴、またはフットバスで足の角質を柔らかくします。次に、脚の水気をタオルで拭き取ってから、かかとを専用ヤスリで力を入れずに一定方向に動かして余計な角質を除去します。仕上げに、全体的にさらに細かいヤスリで軽くなぞって表面を整えます。その後にまたタオルで足を拭き、化粧水をつけ、ハンドクリームをたっぷり塗り、上からサランラップで覆います。最後に、その上から靴下を履いて寝ます。

週に2回程度ケアをすると次第に足の裏の角質がなくなってきます。ツルスベ美脚を手に入れておしゃれなサンダルを楽しみましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる