腕立てでのバストアップは正しくやらないと効果半減!?正しいバストアップの腕立ての仕方 腕立てでのバストアップは正しくやらないと効果半減!?正しいバストアップの腕立ての仕方

腕立てでのバストアップは正しくやらないと効果半減!?正しいバストアップの腕立ての仕方

2015.09.09 バストケア/運動・トレーニング
このエントリーをはてなブックマークに追加

綺麗なバストアップのために腕立て伏せが効果的ですが、正しい腕立て伏せをしないと効果がありません。みなさんは正しい腕立て伏せができていますか?

バストアップの仕組み

バストアップに必要なことは、まずバストの主な成分である脂肪を増やすこと。そして、乳腺を発育させることです。しかし、この脂肪も乳腺も大胸筋の上に乗っていることを忘れてはいけません。大胸筋を筋トレで発達させるということは土台を大きくすることになります。

正しい腕立て伏せの方法

どんな運動でも姿勢と位置が正しくないと効果がでません。腕立て伏せでは、姿勢と視線、肩の角度、手を付く位置が重要になってきます。

まず、両手をついて足を伸ばした姿勢では、脚から頭までは一直線になるように意識しましょう。視線は下ではなく前を見ます。手のつく位置は肩幅より広めにし、手の向きは人差し指のラインが正面に向くようにします。そして肘を曲げていきますが、肘は直角になるまで曲げたら、そのまま腕を伸ばして体を持ち上げます。

これを5回1セットとして、30秒の休憩を挟んで3セット行えることが理想です。たとえ1回しか出来なかったとしても問題ありません。継続する事が重要なのです。そして毎日は行わず、2日ごとに行いましょう。休息を取ることも筋肉を育てるのに必要だからです。

足を伸ばして腕立てが出来ない時は

もし、足を伸ばして行うのが厳しい場合は、膝をついた姿勢で軽負荷の状態で腕立て伏せを行っても有効です。その際には腰が動かないように意識することが大事です。上体を起こす際に腰の力が働くと大胸筋のトレーニング効果が下がります。

正しく腕立て伏せをして綺麗なバストラインを手に入れましょう。

バストケアのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる