セルフヘアカラーのイメージ写真 セルフヘアカラーのイメージ写真

季節の色に気軽にチェンジ-気にしておきたいセルフヘアカラーのコツ

2015.08.28 女磨き/ファッション
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはヘアカラーをどこでやってもらっていますか?大半の女性は美容室で、と答えると思いますが、中にはセルフで行っている、という人もいるようですね。セルフでヘアカラーを行う際の注意点はあるのでしょうか?

まずはブロッキングから

ブロッキングとはむらなく全体をキレイに染めるために髪の毛をいくつかの束に分けておくことです。恐らく20、30代の女性なら誰でも知っているでしょう。巻き髪にする際、コテを使う場合にブロッキングしているはずですので。適度な髪量を取ってブロッキングしてから染め始めましょう。

サランラップを使う

キレイにヘアカラー剤を塗布した後、ラップをして時間まで待ちましょう。ラップをすることで密着度が高くなり、ヘアカラーが髪の毛に入り込みやすくなります。これは美容室でも取り入れられていることが多いので、セルフで行う場合も取り入れたほうがキレイに染まります。

準備をしっかりしておくこと

セルフカラーをする場合、準備は前もってしっかり行っておくことが必要です。染め始めるとその場から動けなくなりますから、必要なものは全部手の届くところに置いておきましょう。また染める前に髪の毛を一旦洗うことも必要です。さらに染め終わった後、ヘアカラーを洗い流した後のドライヤーは半乾きくらいで納めておきましょう。あまり乾かしすぎると色が飛んでしまいますから、そこは美容室と異なる点ですね。

セルフで手軽に、キレイに染めるためにはコツが必要ですが、慣れれば簡単なのでリーズナブルですよ。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる