日焼けのイメージ写真 日焼けのイメージ写真

夏直前だからこそ知っておくべき!!日焼けのメカニズムと対策

2015.08.14 女磨き/トリビア雑学
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏間近になってくると、日焼けが心配になりますね。今更ながら、日焼けって何故出来るのでしょう?日焼け止めを塗っていても出来てしまう日焼け、どうしたらいいの?

日焼けとは?

人間の体にはメラニンという物質が存在します。メラニンは天然の日焼け止めの役割をしています。紫外線の刺激を受けると活性酸素から身を守るためにメラノサイトが活動を始め、メラニンが大量に作られることになり、そのメラニンは黒いので、日焼けすると黒くなるのです。

日焼け対策はインナーケアから

日焼け対策はインナーケアから行いましょう。日頃から食べているものに気をつけていれば、日焼けも怖くありません。もちろん日焼け止めもしっかり塗りましょう。ビタミンA、C、Eどれもが日焼けに有効なビタミンです。

特にビタミンCは化粧品にも使われ、美白作用があると言われていますね。日焼けした肌に速攻ケアとしてビタミンC配合の化粧水でパックをする、という方法もあるほどなんですよ。ビタミンEは抗酸化作用を持っていますから、肌の酸化を防止します。生理中に女性が日焼けしやすいのはビタミンAが少なくなるからと言われています。常に食べるものからビタミンを豊富に摂取して日焼けから体を守りましょう。

トマトを食べよう!

トマトはビタミンCが豊富で、しかもリコピンという肌の老化を防ぐ成分がたっぷり。夏にオススメの夏野菜です。ツナとトマトのサラダも必要なビタミンを同時摂取出来るのでオススメです。その他、日傘や日焼け止めクリームはこまめに塗りなおす、グローブをつけて外出する、など、年齢を重ねてきたからこそしっかり日焼け止め対策を行いましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる