ココナッツオイルのイメージ写真 ココナッツオイルのイメージ写真

ココナッツの成分ってちゃんと意味があったの!?ココナッツオイルで肌荒れ防止

2015.08.12 エイジングケア/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

今、完全ブームとなっているココナッツオイルですが、実は肌荒れにテキメンに効果が期待できそうだと言われているそうです。塗るのも食べるのもOKなココナッツオイルの成分は一体どうなっているのでしょうか?

スキンケアとして取り入れる場合

基本的にはスキンケアとして顔にココナッツオイルを取り入れます。化粧水前、化粧水後の2回オイルを塗りましょう。化粧水前のココナッツオイルはブースターの役割をしてくれますから、その後のスキンケアアイテムをぐんぐん浸透させてくれます。その後、さらにココナッツオイルを塗って、スキンケア成分の蒸発を防ぎます。しっかり保湿が出来るのでオススメです。

殺菌効果も期待できるマルチな才能の持ち主

ココナッツオイルは殺菌作用も持っており、大人ニキビの悪化を防ぐことも可能です。使いすぎは毛穴を塞いでしまいますから、少量から試し、効果が出てきたなと思えば繰り返し使うようにしましょう。その潤い成分でしっかり肌荒れ防止が出来ます。

ビタミンEが豊富

ココナッツオイルはビタミンEが豊富に含まれているので、肌の酸化を防ぐことが可能なんですね。抗酸化作用も強いので、紫外線から肌をケアしてくれる役割も持っています。肌荒れにも作用があるそうで、美肌成分としてラウリン酸というものが入っています。母乳と同じ成分で、強い甲菌作用を持っていますから、肌荒れには最適なんですね。しっとりしており、かつさらりとした感触のココナッツオイルを是非試してみて!

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる