ベースメイクのイメージ写真 ベースメイクのイメージ写真

ジメジメに負けない!崩れ知らずのベースメイク術

2015.06.26 女磨き/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨のようにじめじめした季節はメイク崩れもしやすいものですが、ベースメイクから見直してみると、じめじめに負けない強いベースメイクを作ることができます。

広く優しくつけていこう

ベースメイクに何を使えばいいのか考えたとき、化粧下地に日焼け止めにコンシーラーにコントロールカラーにと、実はたくさんある、ということに気がつくでしょう。

これだけ多くのベースメイクを使うのですから、コツを抑えて崩れないようにしておきたいのですが、覚えておきたいのは、化粧下地は広く、優しく塗っていくと言うことです。顔の内側から外側へ向かって、指は中指と薬指を使い、力を入れずにムラなく広げていきましょう。さらに馴染ませたいときは面積の広いスポンジを使ってポンポンと押さえて行けば、崩れにくいベースメイクになります。

洗顔から見直してみましょう

しっかりベースメイクを作っても、崩れてしまうと言う場合は洗顔に問題があるかもしれません。梅雨時でも暑いときは潤いが不足し、さらに汚れが溜まりやすくなりますので、洗いすぎず肌をこすらず、それでいて出すぎた皮脂や汗は早めに対処するようにしましょう。洗顔の基本はたっぷりの泡で包み込むように洗うことであり、その後のスキンケアもしっかりと行うことが崩れないベースメイクにつながります。

肌質別のベースメイク用品を探してみて

ベースメイクからメイクが崩れる人の大半は肌質と化粧下地が合っていません。ですからベース名句を見直したいときはまず化粧下地があなたの肌質に合っているか見てみましょう。その上で、洗顔、スキンケア、そして崩れにくいベースメイク作りを実践してみてください。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる