口内マッサージのイメージ写真 口内マッサージのイメージ写真

ほうれい線を薄くする、口内マッサージを始めよう♪(やり方・注意点)

2015.06.12 シワ・たるみ/マッサージ
このエントリーをはてなブックマークに追加

顔にたるみやほうれい線があると実年齢よりも5歳は老けて見えると言われています。そんなほうれい線や頬のたるみを改善する方法として、口内マッサージが注目を集めています。

口内マッサージってどうやるの?

簡単に書いてしまうと、口内マッサージは口の中に指を入れて行うマッサージですね。方法としては、右頬のマッサージをするのなら左手で、左頬なら右手を使って行っていくのが基本です。使うのは人さし指、中指、親指の3つで、親指のみを口の中に入れます。人さし指と中指を使って頬の肉をはさみこむようにして固定し、親指を使ってマッサージしていきましょう。

口の中をマッサージする方法は他にもあるか

口の中、歯茎の部分を指でマッサージするという方法もあります。歯茎にはツボが40以上もあるといわれており、指で擦っていくだけでも効果を期待することができます。また、歯茎をマッサージすることで口臭の緩和、歯周病の予防にも効果が期待できるそうです。他にも体調不良が改善できるとも言われており、非常に多くのメリットがあると考えることができます。

注意するポイントはあるの?

注意点としては、素手で行ってしまうと雑菌が口の中に入って炎症を起こしてしまうかもしれませんので、指歯ブラシというものを使ったり、療用のゴム手袋を使うと良いでしょう。爪などで歯茎を傷つけてしまわないためにも、ドラッグストアで揃えておくと良いでしょう。このようにほうれい線対策を考えていくと良いでしょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる