ニキビのイメージ写真 ニキビのイメージ写真

“クレーター肌”になりやすい、間違ったケア方法とは

2015.06.11 ニキビ/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビがあると気になってしまう女性も多いですよね。しかし、ニキビの扱いは1つ間違えてしまうと、後々まで後悔することになります。その代表的なのがクレーター肌です。

どうしてクレーター肌ができてしまうのか知っておこう

クレーター肌とは、ニキビの跡が陥没してしまうタイプのことですね。折角、ニキビが治っても肌が陥没してしまうと、どうしても見た目が良くありません。

このクレーター肌ですが、原因となるのは炎症が起こりやすい人、肌が硬い人の2つのタイプがあるそうです。ニキビは皮膚を炎症しているのですが、この炎症が酷い場合には周囲の細胞を壊して炎症が広がらないようにと免疫システムが働きます。結果、ニキビが治った後に肌が陥没してしまうのです。もう1つの肌が硬い人というのは、乾燥肌で潤いのない肌をしている人のことなので覚えておくと良いでしょう。

クレーター肌を作ってしまうケア

最も多いのが、ニキビができた時に潰してしまうことです。この場合、一時的には治すことができますが、同じ場所にニキビを作りやすくなってしまいます。結果、ニキビを繰り返してしまうことでクレーター肌が作られてしまうのです。

もう1つ、ニキビが気になるからと洗顔をし過ぎることもいけません。肌を清潔に保つことは良いのですが、皮脂を過剰に落とし過ぎてしまうと、かえって皮脂を分泌させやすくなったり、乾燥肌になるリスクが高くなるので、クレーター肌になりやすくなるのです。

一体クレーター肌にならないためにはどうすれば良いか

クレーター肌にならないためには、ともかくニキビができた時にはしっかりと治すことを考えてください。その時に洗顔をするのは良いのですが、洗顔フォームを使うのは1日に1回、入浴時で充分です。日中に洗顔する時には、洗顔剤を使わずに素洗いをしてください。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる