紫外線を浴びるとなぜシミが増えるの?-シミができるメカニズム 紫外線を浴びるとなぜシミが増えるの?-シミができるメカニズム

紫外線を浴びるとなぜシミが増えるの?-シミができるメカニズム

2016.04.18 シミ・ソバカス/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線を浴びるとシミの原因になり、やがてシミになって肌に現れてしまう・・・ということは知っているけれど、実際のところ、どういったメカニズムで紫外線を浴びてシミになるのか分かっている人は少ないでしょう。そこで今回はシミができるメカニズムを紹介していきましょう。

紫外線を浴びると体が防御反応を示す

紫外線を浴びると、身体は無意識に肌を守ろうとしてメラニンという物質を出します。このメラニンが身体を覆うことによって肌は紫外線から守られているため、メラニン自体は悪者ではないのです。

メラニンは通常は肌のターンオーバーによって自然と古い角質として剥がれ落ちていくのですが、紫外線を強く浴び続けると細胞に異常が起きてメラニンの排出ができなくなります。それがシミなんですよ。

過剰に作られたメラニンがシミの正体

色素細胞にメラニンを作るように指令が出されると、過剰にメラニンが放出され、過剰に作られたメラニンは体内に溜まってしまいます。この過剰なメラニンを作る原因は紫外線で、しかし一瞬だけ浴びるとか、UVカットした上であたる場合はこれに当てはまりません。日焼け止めを塗らず、長時間紫外線に当たり続けると過剰なメラニン分泌が起こるのです。

ターンオーバーが乱れる

またターンオーバーが乱れるとメラニンが古い角質と共に排出されませんから、皮膚内部に残ってしまうのです。年齢も原因の1つですし、ナイロンタオルで体をごしごしこすることも皮膚に刺激を与えるのでやめたほうがよいでしょう。ホルモンバランスの乱れなど、外的だけでなく内的な原因でシミが起こることもあるので注意が必要ですね。

効果的な日焼け止め、UV対策について

シミは何故できるのか?それは紫外線が原因である、ということが上記の記述で分かりましたね。では次に、紫外線を回避するにはどうすればよいのでしょうか。シミができなくするには紫外線を浴びなければ良いのですから、必然的にUVカットが必要となってきます。しかし効果的な使い方というものがありますから、ただ単純に日焼け止めを塗っているだけではいけないようですよ。

まずは肌のお手入れを

日焼け止めを使う、という初夏ともなると、多くの日焼け止めがスーパーやドラッグストアで販売されてきますね。日焼け止めを使う前に気をつけたいことは、まずは基本のスキンケアをしっかり行うことです。化粧水、美容液、乳液、などなど・・・、しっかり肌のお手入れを行うことでUVカットのキープ率もアップします。

効果的な塗り方は?

日焼け止めはいきなり肌につけてはいけません。一度手のひらに取り、人肌に温めてから、腕などの部分に塗っていきましょう。一度にたくさん塗らず、少量ずつ重ねづけしていくことがムラなく塗ることができますのでオススメです。また鼻や頬骨など日に当たりやすい場所は特に重ねてつけることがオススメです。

食べることからUVカットを

日焼け対策として日焼け止めを効果的に塗ることはもちろん大切です。そして外出して2時間から3時間おきに塗りなおすことも大切ですが、インナーケアも重視したいですね。トマトやツナをあわせたサラダなどはお肌の健康をキープするために適した食材です。特にトマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が強く、お肌を綺麗に保ってくれる低カロリーで優秀な素材ですから、夏場には毎日食べたいほどですね。

このようにUVケア、日焼け止めなど適切な使い方をしながら夏でも白肌をキープできるようにしましょう。

できてしまったシミの対処法(セルフケア、クリニックやエステの施術)

シミができてしまったらどうしましょう。仕方がないな、と諦めますか?それともなんとしてでも消そうと思って模索しますか?多くの女性は後者でしょうね。できればクリニックなどに通わずにセルフケアで簡単に消せたらいいのに・・・と考えている女性も多いことでしょう。

ではシミはセルフケアできるのでしょうか、ご紹介していきますね。

スキンケアを見直す

まず洗顔ですが、毎日2回行うものですね、朝と晩です。そこがとても肝心なのは分かるでしょうか?合成界面活性剤の入った強い洗顔フォームやクレンジングは肌のターンオーバーを乱す可能性が高いので、シミのために使うとすれば天然成分配合の石鹸がオススメです。メラニンを効果的に排出してくれますよ。

紫外線ダメージのシミにはビタミン

また30代以降に多いのが紫外線を浴び続けてきたことによるシミですが、これはセルフケアではまず治らないと言われています。しかし今からでも遅くはありませんからUVカットをして、美白化粧品を使う、ビタミンCやビタミンEを積極的に食べるようにしましょう。

クリニックではレーザー治療が主流

クリニックではレーザー治療が主流になっているようですね。格安でシミを消すことができるというので、女性も注目しているようですよ。またトラキネム酸やハイドロキノンなどの薬の処方もありますから、セルフケアよりも確実にシミを消すことができるでしょう。

シミ・ソバカスのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる