シミ・ソバカスのない美肌のために今からできること シミ・ソバカスのない美肌のために今からできること

シミ・ソバカスのない美肌のために今からできること

2015.01.07 シミ・ソバカス/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかり紫外線対策をしていたはずなのに、いつの間にかシミ・ソバカスが・・・。そうなる前に今からしっかり美肌ケアしましょう。

シミの原因

紫外線(UV)を浴びると、表皮の一番下の基底層に存在するメラノサイト(メラニン細胞)が活発化してメラニン色素を作り出します。これが、いわゆる“日焼け”です。これを繰り返すとメラニン細胞のDNAがUVBで破壊されエラーをおこします。エラーをおこした細胞は日光を浴びなくてもたちまちメラニン色素を出し続けます。これがシミの原因なのです。

その他に、外的な刺激も原因となることがあります。間違ったスキンケアや化粧品かぶれによって色素細胞が刺激を受けると、メラニン色素を発生させ、それが沈着してシミになります。また、アトピー性皮膚炎やニキビなどの皮膚の炎症も同様に、大量にメラニン色素を発生させ、シミの原因になってしまいます。

そして女性の場合、女性ホルモンもシミに関係があるといわれています。妊娠中、メラノサイト刺激ホルモンが通常時の約10倍近くにも増えるため、メラニン色素が作られやすい状態となり、紫外線の影響を受けやすいのです。

シミの予防

メラニン細胞からのメラニン色素産制を強力に抑制してくれる効果のあるのがハイドロキノンというお薬です。ハイドロキノンとは、1,4-ベンゼンジオールと呼ばれる白色の結晶で、水やアルコールに溶ける物質です。適切な濃度で適切な期間使うことによって、シミが出てくるのを防いでくれます。つまり、今後新たにシミをつくらなくする作用が期待できます。

お肌の状態に合わせて、お薬の処方を行っています。シミ・そばかすのない美肌をキープするために、今からしっかりケアしましょう。

シミ・ソバカスのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

渋谷駅徒歩6分に位置し、皮膚科・形成外科 外科・アレルギー科を取り扱う「明治通りクリニック」にて、一般の保険診療のみな…

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる