知っておきたい、目元のシワができる原因・習慣とは? 知っておきたい、目元のシワができる原因・習慣とは?

知っておきたい、目元のシワができる原因・習慣とは?

2015.07.10 シワ・たるみ/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の中で一番シワが出来て欲しくない場所・・・それはもちろん、顔全体に言えることですが、ピンポイントで考えると、やはり目元ではないでしょうか。人間は一番最初に初対面の人の目を見ますが、その際に目元にシワが寄っていればやはり年齢を感じさせることになります。

ですから目元のシワはどうしてもできてほしくないものなんですね。目元は特に皮膚が薄くデリケートな部分ですから、マッサージなど過度なケアは行えません。かといって、放置しておくのも否めませんから、目元のシワを作らないような生活習慣を身につけましょう。

アイメイクにご注意を!

ばっちりメイクをしている女性は多いと思いますが、中でもアイシャドウやアイラインを濃く入れている人は要注意です。クレンジングの際に目元をごしごし擦ることになりますから、目元のシワの原因になります。

マスカラもウォータープルーフのものを使うより、今ブームになっているお湯で落とせるタイプのものを選ぶとまだマシでしょう。アイシャドウをギラギラ入れている女性は、将来のことも考えて、今からナチュラルメイクにしておきましょう。

ドライアイや乾燥を防ぐ

眼精疲労やドライアイなどで目が乾くと、その周りの血流も悪くなってしまい、結果目元が乾燥してシワがよってしまうのです。また眼精疲労などの疲れ目も目元にシワがよってしまう原因になりますから、目をいたわり、適度に休憩を入れながらパソコン作業を続けましょう。

バスタイム後のスキンケアを入念に

バスタイム後は肌がすぐに乾燥しがちです。蒸気と共に肌の水分も飛んでいってしまうからなのです。それは全身同じことで、顔も同じことが言えますから、バスタオルを巻いて、まずはスキンケアをしっかり行ってから、その後、体を拭いていきましょう。

特に目元ケアは入念に行いたいものです。目元専用のクリームなどをぽんぽんと叩き込むようにしたり、ツボ押しのように少し押し込んだりすると良いようですね。専用アイクリームを使わなくても、化粧水と乳液でしっかり保湿さえしていれば、問題ありません。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる