ハゲるのは男性だけじゃない!?-若い女性に増えている女性型脱毛症(FGA)ってなに? ハゲるのは男性だけじゃない!?-若い女性に増えている女性型脱毛症(FGA)ってなに?

ハゲるのは男性だけじゃない!?-若い女性に増えている女性型脱毛症(FGA)ってなに?

2015.12.18 FGA・AGA(薄毛)/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

男性型脱毛症、AGAはCMなどでも見慣れてきましたが、若い女性に最近増えているというのが女性型脱毛症と呼ばれる症状です。FGAとも呼ばれており、若い女性が中心に発症しているということで、悩みのタネになっていることも多いのです。一体何故FGAは起こってしまうのでしょう、そしてAGAとの違いは一体どこにあるのでしょうか。

女性ホルモンの減少によって起こるもの

FGAは男性のAGAとはっきり区別することができます。女性の中にも男性ホルモンがありますが、その男性ホルモンが活躍してFGAになるというわけでもなさそうなんですね。AGAは進行性なので、放っておくとどんどん髪の毛が減り続けてしまうのですが、女性ホルモンが影響するFGAはそんなことはないのです。女性ホルモンは女性の中に一定量ありますから、完全に髪の毛が抜け落ちるということはないので安心しましょう。

複合的に起こるもの

FGAは複合的に起こるものと考えられていますが、その中にはダイエットや妊娠、貧血やストレスなどが関係していると見られています。太っている人より痩せ型タイプの女性に多く見られる傾向があり、20代、30代でも悩んでいる人が多いようです。また慢性疲労がたまっている女性がそれに気付かず、仕事中心の生活をしていると、いきなりハゲてきた!というケースもありますから、気をつけましょう。

女性ホルモンは何故減少する?

女性ホルモンが減少するにも理由があります。女性ホルモンの分泌は30代でも盛んに行われていますが、年齢と共に減少しますから、それでFGAになる人も多いようですね。しかしストレスやダイエットのせいで女性ホルモンが減少し、若い女性でも薄毛になるという可能性が指摘されているのです。

ですから、毎日健康的な生活を送っていれば、女性ホルモンは正常に分泌されますから、まずはストレスの元を断ち切る、ダイエット中の女性はダイエットを一時的にやめてみる、という方法が一番かもしれませんね。

いつも同じ分け目は薄毛の元!?-女性に多い脱毛症の種類と原因について

前回は女性の脱毛についてご紹介してきましたが、今回は脱毛の種類について説明していきましょう。女性の脱毛にも色々な種類があるんですよ。これは男性も同じような感じですが、また女性は一味違った脱毛の種類があると言われています。

びまん性脱毛症

男性ホルモンが原因となって発症する脱毛症と言われています。しかし目に見えて違う症状のため、FGAと呼ばれています。一面にひろがるという意味をもつ「びまん」は、その名の通り、髪の毛全体のボリュームがなくなり、薄毛になってしまうというものです。正しい対策を立てればびまん性脱毛症も改善されますから、安心しましょう。

分娩後脱毛症

その名の通り、分娩後に脱毛が起こるケースのことを指します。妊娠中、赤ちゃんに栄養をとられていたママは出産後一時的に髪の毛が休止期に入り脱毛量が増えると言われていますし、それを実感している女性は大変多いのです。それで心配になる女性も多いのですが、この脱毛の特徴は半年くらいで元に戻るという点です。一時的な脱毛なので、それほど心配しなくても良いのでしょう。

円形脱毛症

ストレスからくる脱毛症と言われています。突発的に円形に脱毛するので、円形脱毛症と呼ばれていますが、これを改善するにはストレスの原因を除去しなくてはなりませんし、ストレスがどこにあるのかを解明しなくてはなりませんから、自己分析が必要となります。

その他、卵巣機能、甲状腺の低下や牽引性脱毛症と言って髪の毛を長期間引っ張ったりして起こる脱毛もあります。あなたは毎日同じ分け目で生活していませんか?それも1つの牽引性脱毛症の原因の1つなんですよ。女性の薄毛といっても色々な症例がありますから、一概にこれだ!というものは医師に判断してもらいましょう。

自分で薄毛の原因つくってない?-頭皮にダメージを与えるNG行動&習慣

女性の脱毛の色々をご紹介してきましたが、あなた自身が頭皮に悪影響を気付かないうちに与えていることもあるんですよ。もちろんシャンプー選びは慎重に、トリートメントも週に2回は行いたいところですね。女性がやりがちなシャンプーのNGを考えてみましょう。

長時間・熱めのお湯、ブラシ使用

マイルド、無添加のシャンプーを使っているから、といって、長時間ごしごし洗っていませんか?それでは頭皮が傷んでしまいます。やはりシャンプーの頃合というものがありますから、それを見計らってすすぎに入りましょう。またすすぎですが、熱めのお湯はNGです。

ぬるま湯程度がちょうど良い湯加減で、熱いお湯だと必要な皮脂まで逃げてしまいますから、乾燥頭皮の原因になってしまいます。また汚れを落とそうとシャンプーブラシを使うのもやめたほうが良いでしょう。皮脂を取り除く効果はありますが、必要なものまで取り除いてしまう可能性、そして頭皮を傷つける可能性があります。

カラーリング、特にブリーチ

カラーリングで自分の髪色を楽しむ女性も増えてきましたね。しかしカラーリングは少なくとも髪の毛自体に悪影響を及ぼしています。現に妊娠初期や後期のカラーリングは胎児によくないと言われていますから、自身の髪の毛にも良くないことは明白でしょう。特にブリーチは髪の毛を脱色するので余計に頭皮に与える影響は強くなり、ダメージが大きいのでやめておきましょう。

ドライヤーのしすぎ

毎日使っているドライヤーですが、何分かけてドライヤーしていますか?ロングヘアの人のお風呂上りのドライヤーは長いのは分かりますが、ショートヘアでも完全に乾かしてセットするまでずっとドライヤーを近くで当て続けていませんか?ここで問題になるのがドライヤーの距離です。ドライヤーの適切な距離は30cmが望ましいとされています。また45度の角度が最も髪の毛にダメージが少ないと言われていますので、是非実践してみて下さいね。

FGA・AGA(薄毛)のキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる