ロングヘアの人、必見!ドライヤーの時間を5分短縮できるテクニック ロングヘアの人、必見!ドライヤーの時間を5分短縮できるテクニック

ロングヘアの人、必見!ドライヤーの時間を5分短縮できるテクニック

2015.05.31 FGA・AGA(薄毛)/テクニック術
このエントリーをはてなブックマークに追加

特に暑い夏など、ロングヘアーの人はドライヤーの時間が一番苦痛な時間帯だと思われます。まだ日の昇りきっていない朝のブローなどはマシですが、お風呂上りの体温の高い時間帯、浴室でムシムシした脱衣所でのドライヤーは地獄に近い状態ですよね。それでもロングヘアーはキープしたいと考えている女性は多いでしょう。

そこで今回はそんなロングヘアーの人でも簡単にドライヤーを終えることができる時短テクニックを紹介しましょう。

タオルドライ後のティッシュで水分オフ

タオルドライをしっかりしていますか?このタオルドライによって充分髪の毛の水分を飛ばしておかなければ、ドライヤーの時間もかなり長くなってしまいますから、まずはタオルドライを見直すべきでしょう。

そしてタオルドライ後にはティッシュで水分オフしましょう。これがかなり効果的です。ティッシュで髪の毛を挟んで、水分を吸収させれば、殆どの水分がティッシュに吸い込まれていきますから、ドライヤー時の時間を短縮することができるのです。

タオルを巻いてドライヤー

髪の毛にタオルを巻いて、ドライヤーをするという方法もあります。ドライヤーの熱から髪の毛も守ることができて一石二鳥の方法です。なるべく上から下向きにドライヤーをあて、キューティクルを整えるようにするのがポイントです。全体的に8割がた乾いたら、ブローに入りましょう。このタオル巻きドライヤーはかなり時間短縮、そして暑さも半減しますからオススメなんですよ。

脱衣所から出る

脱衣所はどうしても浴室から出てすぐのところなのでムシムシしていますよね。仕方のないことですが、これはどうすることもできません。ですから自分が動けば良いだけの話です。つまり、リビングや自分の部屋にドライヤーを持っていき、扇風機などに当たりながらドライヤーを使います。涼しく、なおかつ髪の毛もしっかり乾かせる方法で身軽ですね。

このようにロングヘアーを諦めないでドライヤーをする方法はたくさんありますから、自分にあった方法を見つけてケアしてあげましょう。

FGA・AGA(薄毛)のキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる