何とかしたい目の下のクマ!-クマの種類、原因、対処法について

2015.12.26 くすみ・くま/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下にクマがあるとなんとなく疲れて見えたり、老けて見られることになりますから、実際クマがあってもみられないようにケアしたいものです。その前に、クマにも種類があるのをご存知でしたか?クマの種類、それに応じた対応策を考えてみましょう。

茶クマ

茶クマの主な原因は色素沈着と言われており、目をこすりすぎると起こります。アトピー性皮膚炎、乾燥やコスメのかぶれ、マスカラが原因になっている可能性もあります。対処法としては美白効果の入ったスキンケアコスメで対応します。ビタミンC誘導体の入った化粧品などでしっかりケアすることがオススメです。

青クマ

青クマは目の周りの毛細血管が透けて見える状態で、冷え性やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や目の疲れなどで起こります。最近ではスマホのいじりすぎなど、ブルーライトの光も問題視されているようですね。

対処法としてはホットパックなどで対応できます。アイクリームをたっぷりぬってマッサージするなど、目の周囲の血行をよくすることで青クマを改善することができますから、アイケアをしっかり行えば、青クマを改善することができます。

黒クマ

年齢によってたるみが生じてその下にへこみができて黒く見えるクマが黒クマです。シミではないため、コンシーラーでは隠せませんし、メイクで隠そうと思うと厚化粧になってしまいます。対処法としてはヒアルロン酸注入が良いと言われています。皮膚のたるみですから、ヒアルロン酸注射によってその部分のハリを取り戻すことができれば黒クマも解消できるのです。

出勤前の1分がカギ!クマを解消してくれるツボ押し&マッサージ術

さて、上記ではクマの種類やその種類にあった解消法をご紹介してきましたが、もし朝起きて、自分の目の下にクマがあった場合、そして通勤の時間が迫っている場合、どうしますか?とりあえず、応急処置としてマッサージやツボ押しをしてからメイクをしましょう。簡単1分程度でできるマッサージやツボ押しなので、効果はもちろん、時短でメイクも済ませてクマも隠せる良い方法なんですよ。

ホットタオルマッサージ

目の上に水で濡らし、しぼったタオルをレンジでチンしたホットタオルを乗せて目元の血行を促進します。その後、筋肉の流れに沿って目の下のキワから順番に中指でとんとんとプッシュしていき、眉の下まできたら終了です。簡単なマッサージですから誰にでもできますよね!

さんちくを押す

「さんちく」という目のクマに効果的なツボ押しも良いでしょう。左右の眉頭のくぼんだ部分にあるツボで、親指の腹で押し上げるようにぐりぐりとマッサージします。痛気持ちいいくらいの力加減でツボ押しすると良いと言われていますから、是非チャレンジしてみましょう。

たいようを刺激

「たいよう」というツボは目の疲れや頭痛、偏頭痛にまで効果的なツボとして有名です。髪の生え際にある、くぼんでいる箇所で押すと独特のギリギリした痛みを感じる場所です。人差し指でじんわり押さえ、じっくり押すことが大切です。急激に押すと痛みが激しいので、じんわりと押しましょう。

どうでしたか?いずれも簡単な1分以内にできるクマ解消マッサージ・ツボ押し法をご紹介しました。ツボに関してはまだまだ色々なツボがあるようですから、自分で書籍などでツボ押しを研究するのも良いですね。

目元のクマをキレイに消す、上手に隠すためのメイク講座

今までクマを解消しよう、対処しようという方法をお伝えしてきましたが、クマがどうしようもなく改善できない、ツボ押しでも対応できないという場合は、メイクで改善しましょう。上手なファンデーションの塗り方やカバーの仕方によっては老け顔と言われるクマも見事に消すことができますよ。

コンシーラーを使ってクマを消す

まずコンシーラーを使ってクマを消す方法ですが、パウダリーファンデーションを使っている女性はコンシーラーを先にクマに塗ってぽんぽんと指でぼかしてからパウダリーファンデーションを塗りましょう。コンシーラーが寄れないように、ファンデーションも薄くつけるのがポイントです。

またリキッドタイプのファンデーションを使っている人は、コンシーラーはファンデーションの後に使います。こちらも同じく、コンシーラーを塗ったら、周りのファンデーションにぼかすようにとんとんと指先で整えます。

黒クマにはコンシーラーはNG

茶クマや青クマにはコンシーラーは有効ですが、黒クマにはコンシーラーはNGです。使うとむしろ厚ぼったくなり、陰が余計に目立つため、使うとより一層クマが目立つことになります。そんな黒クマの場合、隠すより目立たなくさせることが優先で、アイラインやチークをいつもより濃い目に入れることによってクマを目立たなくさせるようにしましょう。

茶クマの場合はまぶたの上にもコンシーラー

茶クマの場合のみ、目の下だけでなくまぶたの上にもコンシーラーを乗せるとなお良いでしょう。またカラーはオレンジ系が良いと言われており、肌馴染みがよいことからオレンジ系のコンシーラーを選ぶと失敗がないようです。またコンシーラーにも色々種類があり、ペンシル型やリキッド状になったものなど色々ありますから、用途に応じたコンシーラーを使うのも大切ですよ。

くすみ・くまのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる