チークの塗り方を変えればマイナス10歳も夢じゃない!? チークの塗り方を変えればマイナス10歳も夢じゃない!?

チークの塗り方を変えればマイナス10歳も夢じゃない!?

2015.05.30 エイジングケア/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのメイクはまだ20代のままですか?そんなメイクでそのまま歳を重ねても良いと思っているのですか?確かに若い頃はどんなメイクでも決まっていたかもしれませんが、年齢を重ねると、それ相応のメイクをしなければ「若作り」と見られてしまいますし、実際そうなってしまいます。しかし実はチークの入れ方1つでマイナス10歳も夢ではなくなるというのですから必見ですよ。

正しいチークとカラーを選択しよう

頬がほんのり色づくと、血色が良く見えて健康的に見えますから、チークは大人のメイクアイテムの必須アイテムです。

しかし入れ方やカラーを間違えるとそれこそ若作りになってしまうので気をつけたほうがよいのがチークなんですね。まずは青みがかったピンクなどは若い子には良いですが、大人女性にはNGです。ダークなオレンジなども馴染みすぎてよくありません。大人可愛いを目指すなら赤に近いサーモンピンクがベストでしょう。

できれば2色を同時に使いたい

大人チークはできれば2色同時に使いたいのがポイントです。オレンジ系とピンク系です。コーラルピンクが老け顔予防に、オレンジが馴染み色にぴったりというのです。この2色使いによって、血色のよい、大人のヘルシー肌を手に入れることができます。

入れる位置は?

チークを入れる位置は笑ったときに一番頬が盛り上がる場所です。高い位置に入れることにより、人の視線が上向きになりますから、よりシャープな顔立ちに見られるようになります。チークは何度も重ね塗りするのは厳禁。だからこそ、1回でシャッっとぬれるほどのテクニックを身につけておきましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる