「目が腫れすぎて外出できない」時に試したい、3つのテクニック 「目が腫れすぎて外出できない」時に試したい、3つのテクニック

「目が腫れすぎて外出できない」時に試したい、3つのテクニック

2015.05.29 エイジングケア/テクニック術
このエントリーをはてなブックマークに追加

目が腫れすぎるというときはどんなときを指すのでしょうか。泣きすぎ、一晩泣き明かした、徹夜をした等など理由はたくさんありますが、腫れぼったい目をしたまま会社に行けないという女性は多いようですね。メイクでもそれほどうまく隠すことはできません。そんな時、簡単に目の腫れを引かせる方法はないのでしょうか?考えてみましょう。

有酸素運動が効果的

目が腫れると、リンパの流れがそこだけ滞っていることから、有酸素運動をすることがオススメです。しかしそんな運動をしている時間もないというケースが多々ありますから、そんな時は通勤時間を早足に歩くスローランと言う方法がオススメでしょう。ジョギングよりも負担が軽く、ウォーキングよりも消費カロリーが多いスローランなら誰にでもできる簡単な目の腫れ緩和策です。

コットンでパック

スキンケアの際にコットンに冷水をしみこませ、ソファなどに寝そべって目の上にコットンを置きます。5分程度で効果があると言われていますから、5分たって様子を見てみましょう。それでも改善されない場合は、もう少し眺めの時間でチャレンジしてみましょう。

交互にあてる温・冷タオル

交互に温かいタオルと冷やしたタオルをあてるのも効果的です。冷たいシャワーと熱いシャワーを交互に浴びてもOKというものです。全身のむくみを緩和することができますし、目の腫れにも効果的に効いてくれます。その他手足をぶらぶらさせたり、使用済みのティーバッグを目の上に乗せるなどすると、有効成分で目の腫れが引く、とも言われています。

泣きはらす夜は長年生きていると一度は体験するかもしれませんし、徹夜の夜を過ごすことだってあるかもしれません。いざというときのために覚えておいても損はしないでしょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる