ハンドクリームのイメージ ハンドクリームのイメージ

手の甲から指先まで艶やかに!乾燥肌荒れを予防するハンドクリームの正しい使い方

2015.05.10 エイジングケア/テクニック術
このエントリーをはてなブックマークに追加

冬場、水仕事をしているとイタッ!とあかぎれになってしまったり、指先がカサカサしてしまったりすることは、主婦の当たり前のできごとですよね。しかしそうなる前に早目にケアしておきたいハンドケア。正しいハンドクリームの塗り方で、乾燥肌や肌荒れを防ぐ使い方を覚えておきましょう。

まずは手のひらで温めて!

ハンドクリームはまず手のひらにとります。その後、充分両手の平を擦り合わせて人肌に温めます。こうすることによって、ハンドクリームの成分が指先へ浸透を良くすることが期待できます。中でも手の甲は冷えやすいため、手のひらで温めながら塗るようにしましょう。

ハンドクリームの前に化粧水

スキンケアの際に、いきなり乳液から始める人はあまりいないと思います。もちろん化粧品の中には乳液から先に使ってください、というものもありますが、それは一部の商品ですよね。まずは化粧水からはいるのが普通だと思います。ハンドケアもそれと同じことで、まず化粧水を手にたっぷりつけてから、ハンドクリームをぬります。こうすることでより保湿効果が高まり、ハンドケアの効果も出てくるのです。

マッサージしながら指1本1本丁寧につける

ハンドクリームはちゃちゃっと塗って終わり、という人はいませんか?それではしっかりとハンドクリームの美容成分を指先内部まで浸透させることができません。ですからまずハンドクリームをとって温めたら、両手の甲に塗り、その後、指先1本1本をマッサージするようにぬっていきます。これで塗り残しがなくなり、指先にも美容成分がしっかり浸透しますから、しっとりした指先が完成します。

どうでしたか?意外に見落としがちなハンドケアですが、思わず触れたくなる指先になるためにもハンドケアは必要なんですよ。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる