入浴中の女性のイメージ 入浴中の女性のイメージ

お肌にとって逆効果!?お風呂でのNG習慣

2015.05.01 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂でスキンケアすると効果的!という人もいますが、実はお風呂でしてはいけないスキンケアもあるということをご存知ですか。覚えておくと、より正しいスキンケアができるようになりますので、チェックしてみてください。

シャワーに気をつけよう

お風呂で洗顔する人は多いと思いますが、どのように洗顔していますか。メイク落しから洗顔まで、シャワーで流してしまっている人はいないでしょうか。シャワーのお湯で洗顔すると、顔は一気に老化してしまうかも。と言うのも、シャワーの水圧は想像以上に強く、肌にダメージを与えてしまうからです。顔の中でも皮膚の薄い目元でさえ、厚さはわずか0.6mmですから、シャワーで熱いお湯を浴びれば当然ダメージは大きくなります。

熱いお湯を使ってはいけない

洗顔は水あるいはぬるま湯でと言われるのは理由があります。シャワーのように人肌近いあるいはそれ以上の温度を顔に浴びせると、肌の乾燥を引き起こします。お風呂から上がったらすぐに保湿するから大丈夫、と言うことではなく、乾燥は進んでいきますので、お風呂で熱いシャワーを使った洗顔は止めましょう。

洗う順番が間違っている

お風呂で体を洗うとき、どこから洗っていますか。実は美容業界では頭、顔、体の順に洗うのが正解とされています。まず頭を洗うとシャンプーが髪の生え際や顔などに残る可能性があります。洗顔を行えば残ったシャンプーは落ちますが、洗顔を先にしてしまうとシャンプーが残ってニキビや肌荒れの原因となってしまいます。お風呂に入ったときは、頭、顔、体の順番で洗うようにしましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる