毎日出るアレが美白と保湿に効果大?--お米のとぎ汁の効果と利用法 毎日出るアレが美白と保湿に効果大?--お米のとぎ汁の効果と利用法

毎日出るアレが美白と保湿に効果大?--お米のとぎ汁の効果と利用法

2015.04.28 シミ・ソバカス/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加

お米のとぎ汁をあなたはどうしていますか。と聞く前に答えは返って来そうですが、大半の人は捨てていると思います。
しかしそのとぎ汁、実は美白効果があったり保湿効果があったりと、美肌に効果的だったのです。

洗顔や化粧水、入浴剤やパックの代わりにもなるので、オールマイティに使うことができる自然食品の無添加化粧品と同じなので、捨てるなんて勿体無いのです!それではどのような美容効果が入っているのか見てみましょう。

美容成分はどんな感じ?

ビタミンB群はとぎ汁に入っており、抗酸化作用があるのでニキビ予防になりますし、ハリのある肌を作ってくれます。また若返りのビタミン、ビタミンEやミネラルも豊富で、健康なモチモチ肌の秘訣がここに眠っているのです。
さらにセラミドと呼ばれる肌をぷるぷるに保つための成分が含まれているので、肌が乾燥してきたなと感じたら、お米のとぎ汁で顔を洗うだけでも効果があるのです。

インナーケアもできる!

お米のとぎ汁を飲んだことのある人はいませんか?もちろん、お米は食べ物なので、とぎ汁を飲むこともできますから、飲むことでインナーケアができるのです。ビタミンやセラミドを体内から摂り入れることにより、より美白効果や美肌効果が期待できますから、とぎ汁は捨てずに飲むのも良いでしょう。

化粧水を作ってみよう

高い化粧水はそれなりに効果もあるだろうけれど、毎日使うものだし高いのは続けられない・・・という女性にはお米のとぎ汁で化粧水を作ってしまうという方法もあります。グリセリンをとぎ汁に少々加えるだけで天然自然素材100%の化粧水の完成で、しかも美白作用もある化粧水ができてしまうのです。
肌の調子に合わせて濃度を変えることもできますし、添加物も入っておらず敏感肌の人も安心して使うことができます。何よりたっぷり使うことができますね。顔だけでなく全身に使うことができますから、惜しみなく使ってしまいましょう。保存料は入っていませんから、2、3日のうちに使い切るのがポイントなので、全身に使ってもちょうどいいくらいではないでしょうか。あなたもこれからとぎ汁を捨てずに美容のために役立ててみませんか?

シミ・ソバカスのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる