バスタイムを有意義に過ごす4つの習慣-お湯の温度、入浴時間、お湯の量、入浴するタイミング バスタイムを有意義に過ごす4つの習慣-お湯の温度、入浴時間、お湯の量、入浴するタイミング

バスタイムを有意義に過ごす4つの習慣-温度、入浴時間、お湯の量、入浴するタイミング

2015.03.17 エイジングケア/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加

バスタイムを有意義に過ごす方法ってあるのでしょうか?集中力を身につけたい、ダイット効果を期待したい、そんな入浴法は一体どんな方法なのでしょうか。

有意義なバスタイム-温度と入浴時間

お湯の適温とされるのが40度前後。若干熱めで、汗をかくくらいです。ですから入浴時間は15分を目処にしておきましょう。

あまりに長くつかっていると疲れてしまいますから、夜寝る前のバスタイムとしては体力を消耗しきってしまいいけません。40度前後で15分が、じっくり体の芯まで温まる時間と温度なのです。

有意義なバスタイム-お湯の量

たっぷり肩までつかるようにお湯を張りましょう。肩までつかることで全身に浮力を感じることができ、リラックス効果が得られるとともに体の芯から温まることができます。肩を冷やさないように、首元までしっかりお湯につかるのが良いでしょう。

首までつかるのがしんどいという人は、足をあげて外に出してみるのも1つの方法です。体の一部が外に出ていれば、案外入浴しやすいものですよ。

有意義なバスタイム-入浴のタイミング

食前に入浴したほうがよいという意見もあれば、寝る寸前という意見もあります。これは好みもありますが、ダイエット効果を期待したいなら食欲抑制が期待できる食前がオススメ。逆にリラックス就寝をスムーズにするためなら寝る1時間前がオススメです。

どうでしたか?あなたもベスト・バスタイムを見つけられそうですか?ダイエットに、健康促進に、優雅なバスタイム、意義のあるバスタイムを体験しましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる