塗るだけでしみが消える!?ハイドロキノンのメリット・デメリット、ケア法について 塗るだけでしみが消える!?ハイドロキノンのメリット・デメリット、ケア法について

塗るだけでシミが消える!?ハイドロキノンのメリット・デメリット、ケア法について

2015.02.26 シミ・ソバカス/薬・サプリメント
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミが一つあるだけでとても気になってしまいますし、増えるほどに汚く見え、見た目年齢も高くなってしまいます。

シミに効くハイドロキノンの魅力

シミにはハイドロキノンというイメージも定着していますが、実際にハイドロキノンを使うとシミが薄くなることが確認されています。

シミ対策に美白化粧品を使う人は多いのですが、美白化粧品はこれからできるシミを予防するためのもの。既にできてしまったシミにはあまり効果は期待できません。ハイドロキノンの魅力は今あるシミにも対応できるところです。なぜハイドロキノンを使うとシミがうすくなるのでしょうか?

ハイドロキノンが“肌の漂白剤”と言われる理由

ハイドロキノンは別名を「肌の漂白剤」とも言われています。美白を目指す人にはなんとも心強いことですが、ハイドロキノンはシミをつくる原因に直接働きかけることができます。

みなさんもご存知かと思いますが、シミの原因はメラニン色素です。これが定着してしまうと色素沈着となり、シミができます。ハイドロキノンにはメラニン色素をつくる酵素の働きを抑え、新たなメラニン色素がつくられないようにする働きがあります。さらにメラニン色素同士がくっつき、大きくなることを防ぐ効果もあるのです。

ハイドロキノンのデメリット

ハイドロキノンはとても刺激が強いので、肌質によっては炎症を起こす可能性があります。濃度を見極めることが大切です。漂白という意味では高い効果が期待できますが、強く作用しすぎると白斑(はくはん/皮膚の色が白く抜けた状態)になるリスクもあるので、使用する際は十分注意してください。

大きなメリットともにデメリットもあるハイドロキン。まずは皮膚科や美容皮膚科でドクターに相談してみるとよいでしょう。

シミ・ソバカスのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる