新生児ニキビができてしまった赤ちゃんのイメージ写真 新生児ニキビができてしまった赤ちゃんのイメージ写真

思春期と大人だけじゃない、赤ちゃんにできる「新生児ニキビ」とは

2015.02.21 ニキビ/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんにもニキビができるって知っていましたか?新生児ニキビと呼ばれるもので、生後2週間あたりから3ヶ月以内にできるニキビのことです。大人や思春期のニキビとは異なる新生児ニキビとは、一体どのようなものなのでしょうか。

赤ちゃんのニキビの原因は?

まず挙げられるのが、寝具の汚れ。赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、布団やシーツの汚れに過敏に反応してしまうそうです。また、出生時に受け継いだ母親のホルモンも影響していると言えます。母体からのホルモンの分泌に対応しきれず、それらが毛穴にとどまってニキビをつくってしまうのです。

赤ちゃんの肌はデリケートなんです

赤ちゃんの肌は大人の半分しかないと言われるほど薄く、バリア機能も未発達です。そのため、こまめに水分や油分をきちんと補ってあげることが大切です。

赤ちゃんのニキビ治療とスキンケアとは?

赤ちゃんにニキビができても、あまりに赤く広範囲に広がることがなければ特に心配はありません。また、ホルモン異常も一過性のものなので、特別治療は必要ないそうです。

基本的なスキンケアとして、毎日全身を綺麗にしてあげることが大切です。髪の毛を先にシャンプーし、赤ちゃん用の石けんで全身をやさしく洗います。お風呂の後はしっかり水気を拭いて、ベビーオイルなどでマッサージしながら油分を与えてあげましょう。

肌に触れるものを清潔に保っておくことも大切です。寝具も衣類も、やさしい肌ざわりのものを選んであげましょうね。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる