ほくろのない肌をした赤ちゃんのイメージ写真 ほくろのない肌をした赤ちゃんのイメージ写真

赤ちゃんにはほくろがないって本当?-ほくろができ始める時期について

2015.02.25 イボ・ほくろ/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんには、ほくろが見当たらないことがほとんどですよね。では、赤ちゃんにはほくろはないのでしょうか?できるとしたらいつ頃からできるのでしょうか。ここでは乳児・赤ちゃんとほくろの関係について調べてみました。

赤ちゃんにもほくろはできる?

赤ちゃんは生まれ持って綺麗な肌をしています。どこを触ってもすべすべで、取り替えてしまいたい!と思うほどです。しかし疑問もありますよね。赤ちゃんにはほくろはあるのか、ないのか?という点です。

産まれてから1年後説

赤ちゃんのほくろについて調べてみると、もっとも多いのが1年を過ぎてからほくろができるという説です。

しかし、中には生まれつきほくろがある赤ちゃんもいるようです。このような状態の赤ちゃんのほくろは色素性母斑(しきそせいぼはん)と呼ばれ、体のどの部位にも発症する可能性があり、サイズも大小さまざまとのことです。

稀にほくろ除去が必要な赤ちゃんも

赤ちゃんにほくろができ、それが巨大である場合は注意が必要です。20センチ以上の色素性母斑ができた場合や出産してから徐々にほくろが大きくなった場合には、悪化して神経皮膚黒色腫やガンに発展する可能性があるので、異常がみられるようであればすぐにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

イボ・ほくろのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる