歯槽膿漏で歯から血が出ているモンスターを心配するナースのイラスト 歯槽膿漏で歯から血が出ているモンスターを心配するナースのイラスト

歯周病予防に効果的なデンタルケア法を教えて!

2015.02.07 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや中高年の80%がかかっていると言われる歯周病。現在は治療法が確立されており、進行を阻止することができるようになりました。しかし歯周病にかかる前に予防することが何よりも大切です。では歯周病予防はどのようにすればいいのでしょうか。

歯周病予防策【1】定期的に歯医者に行こう

歯医者は虫歯になったら行くところではありません。定期的に歯のメンテナンスをしてもらう、虫歯チェックをしてもらうなど、本人が気づかないようなこともしっかりチェックしてくれます。またブラッシング指導をしてくれますから、歯周病の原因となるブラッシング不足を防ぐこともできるそうです。

歯周病予防策【2】歯ブラシ以外のアイテムを使おう

おそらく「歯磨きは歯ブラシで」という人が大半だと思いますが、歯医者さんによっては「それだけでは磨き足りない」というドクターもいます。

たとえば歯と歯の間に入り込んだ汚れや食べカスは、歯ブラシだけでは取りきれないので、歯間ブラシやフロスなどを使って掻き出してあげるといいそうです。最近では歯間を掃除するエアフロスというものも出ているので、詳しい情報は歯医者さんに聞いてみると良いでしょう。

歯周病予防策【3】歯磨き粉を選ぼう

歯磨きするのが歯周病予防の大前提ですが、歯磨き粉の選び方でも予防できるかどうか変わってくるといいます。

一般的によく見るフッ素配合と書かれている歯磨き粉は、虫歯予防目的の歯磨き粉です。歯垢を除去するならデキストラナーゼ、歯周病予防ならトラネキサム酸、塩化セチルビリジニウム、グリチルリチン酸ジカリウムなどがいいと言われています。止血効果、抗炎症作用、殺菌作用、収斂作用、血行作用のある成分を配合した歯磨き粉を使い、歯周病を予防しましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる