小顔の女性のイメージ写真 小顔の女性のイメージ写真

シェーディングのコツとは?-小顔に見せる顔の補正術を伝授

2015.01.31 小顔/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加

顔が大きく見えるのは元々の顔の大きさも多少は関係していますが、むくみが関係している場合も多いです。むくみを取るだけでもスッキリしますが、もっと小顔に見せたいというならシェーディングに挑戦してみましょう。

シェーディングとは?

シェーディングというのはメイク法のひとつです。フェイスラインやくぼみに濃い色をのせることで、陰影を強調します。このメイク法には少しコツが必要ですが、コツさえつかめば簡単に小顔に見せることができるため、女性の間で注目されています。シェーディングには専用のパウダーもありますが、濃い目のアイシャドーやファンデーションでも代用できます。

シェーディングで小顔に見えるのはなぜ?

日本人の顔は欧米人と比べて平面顔と言われています。凹凸があまりないので、どうしても横に広がって見えてしまうのです。シェーディングは顔色よりも少し暗いトーンのパウダーを使い、陰影を付け立体感を出すことができます。これにより横に広がるのを抑え、小顔に見せてくれるというわけです。

シェーディングのコツ

面長の人はオデコと顎、丸顔の人は顔の両サイドというように、シェーディングをする部分を決めます。輪郭に沿ってシェーディングしていきますが、くっきり色が目立つと不自然なので、うまくぼかしてグラデーションにします。鼻を高く見せたいなら、鼻の周辺に陰影をつけます。アイシャドーを使うときは、ラメ入りだと膨張して見えるのでシェーディング効果が半減します。ラメの入っていない物を選んでください。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる