たるみグマを予防する眼輪筋トレーニングをマスターしよう! たるみグマを予防する眼輪筋トレーニングをマスターしよう!

たるみグマを予防する眼輪筋トレーニングをマスターしよう!

2015.01.06 くすみ・くま/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

クマがあると老けて見えてしまうことから気にしてしまう人も多く、解消するにはどうすればと頭を悩ませてしまうケースも少なくありません。ただクマを解消すると言っても、その原因によって解決方法が違ってくるので、自分にあった方法を選択することが重要ですね。ここでは目の周辺がたるんでしまうことによってできるクマの解消法を考えてみます。

目の周辺のくぼみやたるみってどうしてできるの?

顔の中でも目というのは大きな印象を与えるパーツですね。女性ならアイメイクをするので、そのことを理解している人も多いでしょう。

目の周辺がたるんでしまっていたりすると、老けて見えても仕方ありません。このたるみやくぼみは何故できるのかと言うと、眼輪筋(がんりんきん)という筋肉が衰えてしまうからですね。

眼輪筋ってどこにあって、どんな役割があるの?

簡単に書くと、眼輪筋とは目玉の周辺にある筋肉のことです。まぶたを動かしている筋肉だと考えると解りやすいでしょう。この眼輪筋が衰えてしまうと、まぶたが全体的に下がってしまい、目の下にあるクマの部分などにたるみやくぼみができてしまうのです。

クマを作らないために眼輪筋を鍛えるにはどうしたらいいの?

もっともシンプルな方法としては眼輪筋トレーニングですね。トレーニングと言っても、何か特別なものを使う必要はありません。自分の手と目を使うだけなので、簡単に行うことができるでしょう。

具体的な方法としては、上のまぶたを指でおさえてしまって、まぶたを閉じることができない状態を作ってください。その後、下のまぶたが上にあがるように意識をしながら、まぶたを閉じてみましょう。これを左右、繰り返していくだけです。

くすみ・くまのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる