女性の顔のイメージ写真 女性の顔のイメージ写真

夏と冬でスキンケアを変えていますか?-季節に応じた皮脂ケアを

2014.12.23 ニキビ/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

季節によって気温も違えば湿度も違います。汗をかく夏はサッパリを重視しますが、空気が乾燥する冬はしっとりを重視したケアになります。

化粧品を使い分けるという考え方

肌質そのものは変わらなくても、季節によって肌の状態も変わっていきます。気温が高い夏は毛穴が開き汗をかきやすいので、顔がベタつくようなケアはできる限り避けたくなります。

逆に冬は空気が乾燥しているので、普段よりも乾燥が気になります。乾燥しやすい季節には、濃厚でしっとりするケアをしたくなります。このように肌の状態も変わるので、夏と冬ではスキンケアを変えることも必要です。

皮脂の分泌量を考える

夏と冬では夏の方が皮脂の分泌が多いイメージですが、場合によっては冬の方が皮脂の過剰分泌になり顔がテカる、ニキビができなくなるということもあります。

これは肌が乾燥することで、皮脂をたくさん分泌させ潤いを保とうとするからです。しかし頭の中は冬には肌が乾燥するという考えがあるので、過剰に皮脂が分泌しているところに、過剰な保湿や油分を与えるので余計にオイルっぽくなってしまいます。

基礎ケアの徹底を!

皮脂の過剰は肌の乾燥も大きな原因です。基礎ケアをする場合は、季節によって今の自分の肌がどんな状態なのかを見極めます。乾燥がひどい場合もただ油分を洗えるのではなく、乾燥している肌内部にも潤いが届くようなケアを意識してみましょう。季節や肌の状態に応じて、基礎ケアも方法を変えてみるのもいい方法です。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる