チェックリストのイメージ チェックリストのイメージ

他人事じゃない、30~40代女性に多い肝斑って何?

2014.12.22 シミ・ソバカス/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢とともに目立ち始めるシミにも、種類があるのを知っていましたか?シミの種類が違うと、ケア方法も変わってくるのでシミに対する知識は持っておきたいものです。

肝斑とは?

肝斑というのは、両頬から目の下にかけて左右対称に現れるシミのことです。特に30代から40代の女性の多く見られ、閉経を迎えるまで続きます。これは肝斑が女性ホルモンと大きく関係しているからです。

はっきりとした濃いシミになることはなく、ほとんどがぼんやりとしたシミのような状態です。肝斑が出る場所にも個人差がありますが、こめかみや頬全体というように広範囲に及ぶ場合もあります。

肝斑は薬で治せる?

シミは病気というわけではありませんが、皮膚科や美容クリニックではシミを治療することも可能です。シミの種類により治療方法も異なりますが、肝斑には飲み薬が効くと言われています。肝斑にはトラネキサム酸という成分が効くと確認されていますので、薬を服用していけば、肝斑も薄く目立たなくすることは可能です。

肝斑治療に使われているトラネキサム酸は、蕁麻疹や口内炎、扁桃腺などの治療に使われてきました。服用している人に肝斑への効果が見られたことで、肝斑の治療薬としても使われるようになったのです。副作用もデメリットだけではないという例のひとつです。

肝斑と紫外線の関係

肝斑の原因は女性ホルモンだけとは限りません。通常のシミと同じように、紫外線対策も重要です。紫外線を浴びることでできるシミは、メラニン色素の沈着ですが、紫外線を浴びると肝斑も濃く見えることがあるので注意しましょう。

シミ・ソバカスのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる