子どものほくろと大人のほくろは種類が違う?-ほくろの基礎について

2014.12.25 イボ・ほくろ/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

ほくろは、なぜできるのでしょう。そしてなぜ増えるのでしょうか。実はほくろはメラニン色素の集まりであり、シミの集大成とも呼べるものなのです。ほくろは思春期までに現れる先天性のものと、大人になってからできるものとに分けられます。子供の頃のほくろは遺伝によるものと言われています。大人のほくろは紫外線などの外的要因によるものと言われていますので、UVケアをしっかりしなければほくろが増えていくのです。

メラニンの集まり

ほくろはメラニン色素が集中したもの。メラニン色素は皮膚を守ってくれるために存在しているので、あまり毛嫌いしてはいけません。メラニン色素がなければ紫外線をまともに受けることになるので、火傷状態になるのと同じなのです。それを一手に引き受けているのがメラノサイトと呼ばれる素材なので、メラニンが増えてできたほくろは仕方ないと言えば仕方ないのです。

病気のサインでもある

実はほくろは良性のものと悪性のものがあります。見分け方はとても簡単で、1年2年で色が変わったり、大きさが変わるとなんらかの異変が起きている証拠です。そのような症状が出てきた場合は皮膚科を受診して診断を受けましょう。早めのほうが摘出しやすいため、気付いたらすぐに受診しましょう。

ほくろは取るべき?

ほくろは取った方がよいのでしょうか?ほとんどのほくろは何の問題もないので、良性のものならば、そのままにしておいても問題ありません。

しかし足に出来るほくろは悪性の可能性が高いため、受診したほうが良い場合もあります。身体のほくろで不安なことがあれば、皮膚科で相談するようにしましょう。それで健康体であることが分かれば安心して暮らすことができますね。その間に何らかのほくろの変化があった場合はすぐに受診するようにしましょう。

イボ・ほくろのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる