お父さんからお肉を食べさせてもらっている子どものイメージ写真 お父さんからお肉を食べさせてもらっている子どものイメージ写真

食前に食べると効果的?太りにくい身体をサポートしてくれる食材

2015.01.06 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加

たくさん食べても太らない、そんな魔法のようなことがあるのでしょうか。『私は食べたぶんだけ身についてしまうのに・・・』実は食前に少しだけ食べることによって、その後の油分を吸収しにくくしてくれる食品があるのです。

お寿司の場合

お寿司を食べる場合は、まずガリから食べていきましょう。『えっ?ガリから?』と思われるかもしれませんが、ショウガでできたガリは新陳代謝を促進します。その後はお寿司・・・といきたいところですが、お刺身を食べるとよいでしょう。お寿司の魚には豊富な脂肪酸がたっぷりですから、そもそもお寿司自体が栄養食と言うことができます。

焼肉の場合

焼肉など高カロリーなものを食べる際にはぜひともキムチを付け合せにどうぞ。発酵食品として有名なキムチはカプサイシンの効果で脂肪燃焼作用もありますから、焼肉をうんと食べても身体に脂肪として溜まりにくいのです。

食べる前に飲み物を

『食事前や食事中に水を飲むのはよくないこと』と教えられたことはありませんか?実はそんなことはないのです。食事前に水分を摂ることによって血糖値の急激上昇を回避することができます。またお腹も水分により満たされるため、ガツガツと食べることもなくなります。オススメの飲み物としては野菜ジュースや豆乳、オリーブオイルをひとさじ舐めるという行為も良いとされています。野菜ジュースは市販のものより自宅でジューサーにかけたもののほうが効果があります。また食べ方として味噌汁から食べるという方法もあります。

いずれも水分を固形物を食べる前に口にすることで少しお腹を満たしてくれるため、早食いがなくなり、結果的にダイエットに繋がるというわけですね。

以上のように食前に食べる、または飲んだりするものによって多めに摂ってしまいがちな炭水化物も控えることができますし、油分を適量に抑えることも可能となっています。必要以上に水分を摂りすぎたりして食事量が微量になってしまうというケースは避けたいですから、ある程度決まった量の水分を摂るようにしましょう。この「食前に少し水分を摂る」という行為は今日からでもできることですので、ぜひ試してみてくださいね。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる