女性患者の脱毛具合を確認する医師のイメージ写真 女性患者の脱毛具合を確認する医師のイメージ写真

FGAでもっとも多い症状「瀰漫(びまん)性脱毛症」とは-加齢、ストレス、ホルモンバランスの変化・・・

2014.12.21 FGA・AGA(薄毛)/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

瀰漫(びまん)性脱毛症に悩む女性は年々右肩上がりの増加傾向にあるようです。女性は男性ほど症状が酷くなく、完全に頭髪が抜け落ちてしまうことはありませんが、髪の毛全体のボリュームがなくなり、特に髪の分け目の皮膚が薄く見えてしまうことがあります。すべて髪の毛が抜けてしまうことはないにせよ、薄くなってしまった頭髪は女性からすると非常にセンシティブな問題と言えるでしょう。美しい髪の毛は素敵な女性のシンボル、特に若い方の場合は大きな問題ですよね。今回美LAB.では女性に増える瀰漫(びまん)性脱毛症とその原因について調べました。

瀰漫(びまん)性脱毛症の原因とは?

瀰漫(びまん)性脱毛症は、更年期障害後によく見られると言われています。更年期障害は40代以降と言われているので私は関係ないと思っている女性の方、安心するのはちょっと待ってください。今ダイエットをしていませんか?実は女性ホルモンの急激な変化や、ダイエットによるストレスなども瀰漫(びまん)性脱毛症に関係していると考えられています。

さらに1日2回以上のシャンプーやブラッシングの仕方1つで瀰漫(びまん)性脱毛症を招く要因になります。いかがですか、瀰漫(びまん)性脱毛症は「自分には関係ない」とは言い切れないのではないでしょうか?

回復は早い?

さて、瀰漫(びまん)性脱毛症は遺伝的要素の強い男性型脱毛症と比較すると、回復が幾分早い傾向にあります。専門クリニックでチェックせずとも、ストレスを溜めないことや無理なダイエットを行わないこと、髪に過度なダメージを与えないことなど自分自身日々の暮らしの中でいたわることによって防ぐことができるのです。

ヘアケア溶剤はアミノ酸系の肌や頭皮に優しい物を使用すると良いでしょう。また食事は外食をなるべく控え、野菜や良質タンパク質を多く含む献立にするとこの症状を防ぐことができます。ミネラルやビタミンは髪の毛の健康に必須ですから、野菜を多くとることは肌の健康だけでなく、髪の毛にもいい効果をもたらすのです。

それでも治らない場合は?

「すごく気を使っているのに抜け毛や薄毛が止まらない…」という人は専門のクリニックに相談してみましょう。女性の抜け毛は男性の抜け毛より世間に浸透していませんが、美に関する悩みのため男性よりもより深い悩みに繋がります。ストレスの多い現代社会、瀰漫(びまん)性脱毛症は確実に日本女性を蝕んでいるのです。

心の健康、身体(特に頭髪)の健康を心がけつつ、クリニックで適切な診察を受け、治療薬などをもらうことで症状が改善されます。まずは恥ずかしいことと思わずに気軽に受診をしてみると良いでしょう。

FGA・AGA(薄毛)のキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる