たるみグマに悩む女性のイメージ写真 たるみグマに悩む女性のイメージ写真

しっかり寝たのにクマが取れない・・・?その正体はたるみグマ

2014.12.21 くすみ・くま/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

「年齢とともにクマが目立つようになってきた」と感じている人に多いのが、たるみグマです。しっかり睡眠をとってリラックスする時間を大事に過ごしているのに、なかなかクマだけが取れないという経験はありませんか?このクマは、実は皮膚にたるみが生じて、その影が目立っているものだと考えられます。老けこんだ顔に見られやすいため、日頃から十分注意してケアしたいものです。

たるみグマはなぜできる?

加齢によってだんだんと肌のハリや弾力はなくなっていくものですが、地球の重力に逆らえずにいつの間にか皮膚のたるみは生じてしまうものです。頬や口元のたるみが目立つ人もいますが、目の下の皮膚にたるみが生じる人も多いです。目の下にたるみが生じると影ができてクマのように見えます。たるみとクマはどちらも老けこんだ印象を与えやすくなるのですが、特にたるみグマが出来た人は明らかに老け顔に見られやすいため注意が必要です。

たるみグマ対策は?

皮膚のたるみはある程度年齢を重ねると現れやすくなるものですが、年齢のせいだからと諦めて何もケアしないままでは悪化する一方です。重力に負けないためにも、目の周辺の筋肉をしっかり鍛えましょう。目を大きく見開いたり、ギュッとつぶったりを繰り返し実践するだけでも効果的です。一日中パソコン作業をしている人は特に目が疲れやすく、筋肉の疲労が蓄積しやすいものです。しっかり筋肉をほぐす運動を実践するだけで目の疲れを解消しながら筋トレ効果を発揮できます。

また、目の周りを優しくマッサージすることも血流を促す効果を発揮します。しかし、目の周辺は皮膚が薄くてダメージを受けやすいため十分注意が必要です。皮膚に触れるか触れないかくらいの力加減に調整しながら優しく流すようにマッサージを実践してください。

スキンケアではエイジングケアの基本でもある保湿を徹底的に実践しましょう。適度な潤いを維持できなければ乾燥が原因で紫外線から大きな影響を受けやすくなるため十分注意してください。

くすみ・くまのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる