目の疲れと青グマに悩む女性のイメージ写真 目の疲れと青グマに悩む女性のイメージ写真

疲れ顔とはサヨナラ!青グマの原因と対策

2014.12.21 くすみ・くま/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下が青っぽく見えて、血色が悪そうな印象を受ける青グマ。青グマは目の周辺の血行が悪くなると発生すると考えられており、パソコン作業など目の疲れが生じやすい仕事をしている人やホルモンバランスが崩れている人に起こりやすいそうです。

どうして青色?青グマの原因とは

目の周辺は皮膚が薄いため、毛細血管の色が出やすいという特徴があります。血流が良い状態ではあまり目立たないのですが、血流が滞りがちになると毛細血管の青白さが目立つようになります。そのとき目の周りの色が青く見えることから青グマと呼ばれています。

目の周りの血行が悪くなる原因は色々考えられますが、特に注意しなければいけないのが目の疲れです。一日中パソコンを使ってデスクワークをしている人は、どうしても目の疲れが溜まりやすくなります。明らかに視力が落ちてきた人は目の疲れの進行を疑った方が良いかもしれません。また、睡眠不足が続くと身体の疲れも取れにくいものですが、目の疲れも同様に溜まっていくそうなので気をつけましょう。

さらに、全身の血行が悪い状態では、当然、目の周辺も血流が悪くなっています。冷え性の人は特に血流が悪化しやすく、老廃物も蓄積しやすいため血液ドロドロの状態になりやすいため青グマにもなりやすいと言えるでしょう。

正しく青グマケアを行おう!

そんな青グマは、実は日常的なケアで改善することができます。まず簡単にできるものとしてあげられるのは、目の周りのマッサージ。目の周辺の血流を改善するのに効果的なのですが、目の周りは皮膚がとても薄くてダメージを受けやすいため注意しなければいけません。マッサージをする際には、ほとんど力を入れずに優しく肌の上を滑らせるようにしてください。

力加減が難しいという人は、蒸しタオルを作って目をしばらく温めることでも効果があるそう。タオルの温度が熱すぎると火傷を負う可能性があるため、あまり高い温度にならないように注意してください。特にひどく目の疲れを感じる時は、念入りに目の周辺を温めて疲れを残さないようにしましょう。

根本的な解決策としては全身の血流を改善しなければいけません。冷え性の人は冷えを改善するように心がけ、食生活や睡眠時間、ストレス、喫煙など、生活習慣の見直しにも取り組んでくださいね。

くすみ・くまのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる