食事内容を記録しているイメージ写真 食事内容を記録しているイメージ写真

ダイエット中のツラい停滞期を乗り切るための6つのポイント

2014.12.21 痩身/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

停滞期とは、ダイエット中に体重が落ちにくくなる(停滞する)期間のことを言い、ダイエットを始めてから1ヶ月前後で訪れる人が多いようです。この停滞期によってやる気がなくなり、ダイエットを諦めてしまう人も多いのです。

なぜ停滞期が起きるのでしょうか?

停滞期は、「ホメオスタシス機能」と呼ばれる「あなたの命を守るために体に備わっているシステムのひとつ」と密接に関係しています。たとえば食料不足などで充分に食べることができない環境になったとしても、体重減少を防いで命を守ることができるように、体がエネルギーの消費を抑えるようになるため、どんなに運動しても食事制限をしても、痩せにくく脂肪がつきやすくなるのです。

ダイエット成功者が停滞期を乗り切った6つのポイント

急激な体重の減少を避ける

急激に体重が減ると、ホメオスタシス機能が働いて停滞期を招いてしまいます。1ヶ月に1~2kg程度の減量を目標に、ライフスタイルの見直しをするとホメオスタシス機能の働きを抑えることができると言われています。

食事や運動などの目標をキツく設定しない

張り切ってエクササイズを始めてみたものの、体がついていかなくてすぐに断念してしまったり、普段食べていたものを急に制限してしまうとストレスがたまり、継続することが難しくなってしまいます。栄養バランスのとれた食事を摂り、程よい運動を続けることが何より大切です。

基礎代謝を高める

寝ていてもエネルギーを消費できる体になるには、基礎代謝が重要なキーポイントとなります。筋肉を鍛えながらプロテインやタンパク質を意識して摂ることで、ほどよく筋肉をつけることができます。

停滞期に入ったら、焦らずに体重の維持を心がける

停滞期を過ぎれば、体重はまた落ちるようになります。その時のために体調を整えておくこと、甘いものやカロリーの高い食べ物をなるべく摂らないように気をつけることが大切です。

その日の食事内容や体調、体重を記録する

ちょっと面倒かもしれませんが、日々の記録をつけることで、体重の増減があったときに原因を究明しやすくなるほか、体重の変化が目に見えることでモチベーションアップにもつながります。

ダイエット仲間をつくる

身近な友達と一緒に目標を設定してダイエットに取り組んだり、インターネット上でダイエットにはげむ人とコミュニケーションをとることで、お互いに励まし合うことも効果的なようです。

ダイエット中はツラいけれど、目標を達成してしまえばもっとオシャレを楽しめるようになったり、自分に自信を持てるようになったり、人によっては新しい恋を見つけることだってできるのです。達成後のハッピーな自分を思い描いて、ツライ停滞期を乗り切りましょう♪

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる