タオルで素顔を拭く女性のイメージ写真 タオルで素顔を拭く女性のイメージ写真

乾燥による肌老化-ターンオーバーの乱れを招いて肌老化が加速

2014.12.21 シワ・たるみ/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

肌老化を招く原因のひとつにあげられるのが乾燥です。赤ちゃんの頃はみずみずしい素肌なのに、年齢を重ねてお年寄りになるほどカサカサして潤いを感じない肌になります。乾燥肌は肌老化の初期症状として考えて、すぐに適切なケアを施さなければあっという間に加速すると思ってください。

ターンオーバーの乱れを招く

私たちの肌は、一定期間の周期ごとに古い角質が自然に剥がれ落ちて、新しい皮膚へと再生するターンオーバーと呼ばれる代謝機能が備わっています。転んで擦り傷をつくっても、数日経つといつの間にか傷跡が消えるのは、ターンオーバーの働きによるものです。

子どもの頃は傷の治りが早かったのに、大人になって年齢を重ねるほどになかなか傷の治りが悪いと感じた経験はありませんか?年齢を重ねると次第にターンオーバーの周期が伸びてくるため、なかなか新しい皮膚へと再生しにくくなります。

肌が適度な潤いを保っていなければターンオーバーの周期がさらに乱れるため、なかなか新しい皮膚が再生しません。古い角質がどんどん溜まり、若い肌が生まれない状況になります。肌の乾燥が原因でバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けるとメラニン色素が大量に生成されてシミができます。

活発にターンオーバーが行われていれば古い角質と共にシミも薄くなっていくはずですが、ターンオーバーが行われなければシミが濃くなる一方です。シワやたるみを発生させるのも乾燥肌が悪化したことが原因になります。

乾燥肌の原因

肌が乾燥するのは加齢によって肌内部の保湿成分が失われるからです。20代をピークにして保湿成分が減少するため、とにかく肌の潤いを維持することが大切です。普段の生活習慣が原因で保湿成分がさらに失われやすくなり、空気が乾燥している室内で長時間過ごす場合も注意が必要です。

とういことで、肌にとって天敵である乾燥。肌の潤いを維持するために徹底的に保湿ケアを心がけてください。適度な潤いを維持できるセラミドを含む基礎化粧品を中心に活用し、肌のバリア機能を失わせないようにしましょう。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる