ヘッドスパで頭皮ケアする女性のイメージ写真 ヘッドスパで頭皮ケアする女性のイメージ写真

日常生活でできるたるみ予防方法とは?スキンケアとマッサージ、紫外線ケア

2014.12.21 シワ・たるみ/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアからたるみの予防

たるみを予防「スキンケア」

たるみを予防するためにはスキンケアが大切だといいます。たとえば保湿機能の調整があげられます。肌に水分と油分をバランスよく与え、角質がしっかり保湿できるよう、機能を調整してあげると良いようです。このバランスを保つことは、角質を柔らかくすることにつながり、しいては肌にハリが生まれ、たるみ予防になります。

たるみを予防「マッサージ」

マッサージも効果あり。
マッサージは脂肪がつくのを防いでくれます。さらに頬の一番高いところにある頬骨の下には老廃物がよく溜まり、そこからたるみが始まるといいます。額と頭皮は皮がつながっていますから、マッサージをする際は頭皮マッサージをするとさらに効果が期待できる。固い頭皮には額がたるみやすく、シワになりやすくなるのだそうです。

たるみを予防「紫外線ケア」

紫外線ケアも忘れないようにしましょう。たるみの原因は、コラーゲンが減るためで、紫外線はコラーゲンを壊してしまう。ですから、コラーゲンの現象の直接原因である紫外線を肌に与えない、ダメージをためないことが良い。ポイントケアにも効果があるそうで、ハリがなくなりやすい部分にシワと同様のクリームを塗るといいそうです。また、日常生活では極度のダイエットを避けることが有効。

日常生活で行うたるみ予防

日常生活をおくる際に、気をつけたいのは、食事の栄養バランス。野菜を中心に油分を少なくした食事は、健康的ですし、太りづらく、脂肪もつきづらい。食生活の改善は、たるみの予防に繋がります。

また、血行促進効果のあるビタミン類、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノール、美肌効果があるとして知られているビタミンCや、これらを作る質の良いたんぱく質を含む食べ物もたるみの予防に効果的です。

その他にも、睡眠不足は避け、夜22時~朝2時までのゴールデンタイムにしっかり眠ること。ストレスが溜まらぬよう適度なストレス解消が出来ると良いですね。

日常生活で行うたるみ予防

さらにたるみを引き起こす要因として、外的要因と内的要因、さらに生活習慣要因が見られます。外的要因とは乾燥、紫外線、ストレスです。乾燥すると肌の保湿力が弱まり、ターンオーバーが乱れ、肌は徐々にハリを失っていきます。

日常生活を送る際気をつけたいのは、食事の栄養バランスだといいます。野菜を中心に、油分を少なくした食事は、健康的ですし、太りづらく、脂肪もつきづらいです。ですからたるみの予防になるといいます。さらにけっこう促進効果のあるビタミン類、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノール、美肌効果があるとして知られているビタミンCや、これらを作る質のいいたんぱく質も効果が期待できるようです。さらに夜22時~朝2時までのゴールデンタイムにしっかり眠ることが、美肌につながるといいますから、睡眠不足は避け、ストレスが溜まるようならストレス解消に努めていくといいそうです。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる