輪郭のたるみを気にしている男性のイメージ写真 輪郭のたるみを気にしている男性のイメージ写真

たるみになる3つの原因とは-外的要因と内的要因、生活習慣要因など

2014.12.21 シワ・たるみ/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

たるみを作る3つの原因

たるみには3つの大きな原因があるとされています。

1つは肌の弾力が失われていく

真皮の中で肌のハリを支える繊維質のコラーゲン、エラスチンが徐々に崩れ、弾力が失われていくためにたるむと考えられています。

2つ目は皮下脂肪が増える

脂肪組織の大半にあたる皮下脂肪は、エネルギーを溜め込んだり、保温する役割がある。この皮下脂肪は、代謝が段々と低下することによって増えていき、さらに重力に逆らえずに落ちていき、たるみが発生するといわれています。

3つ目は筋肉自体が質を落としてしまう

表情を作り出す表情菌は皮膚に直接ついていますから、細かい動きが全て伝わる。年齢によって筋肉は徐々に衰え、皮膚、皮下脂肪の支えが失われていくのだそうです。

たるみを作る3つの要因

さらにたるみを引き起こす要因として、外的要因と内的要因、さらに生活習慣要因が見られます。

たるみを引き起こす外的要因

外的要因とは乾燥、紫外線、ストレス。
乾燥すると肌の保湿力が弱まり、ターンオーバーが乱れ、肌は徐々にハリを失っていきます。紫外線は肌の細胞に活性酸素を生み出し、さらに真皮にあるコラーゲンやエラスチンを破壊することで、肌のハリをなくしてしまうのだそうです。ストレスも活性酸素を生み出す要因となり、血管の収縮や免疫力低下などによって肌のターンオーバーが乱れ、バリア機能も低下し肌が荒れてしまうのです。

たるみを引き起こす内的要因

内的要因は活性酸素。
活性酸素の役割は本来、ウィルスなどから体を保護することですが、細胞はさびていきます。さらにコラーゲンや繊維芽細胞を傷つけ、老化を進めるのです。

たるみを引き起こす生活習慣要因

生活習慣要因では、喫煙、睡眠不足、栄養不良があげられます。タバコにはニコチンがあり、血管の収縮、血行不良を引き起こし、皮膚に十分な栄養が行き渡らなくなってしまう。さらに睡眠中に合成される皮膚細胞のたんぱく質が減り、成長ホルモンの分泌がままならなくなると、老廃物が溜まりたるんでしまうということです。

また、栄養不足でもたるみが生まれます。
特に、たんぱく質やビタミン、ミネラル類が現代日本人に不足しているといわれています。上記の栄養が不足すると、肌荒れや新陳代謝の低下などが見られ、肌のたるみにつながるそうです。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる