皺を気にしてほほを隠す女性のイメージ写真 皺を気にしてほほを隠す女性のイメージ写真

シワの種類と対策-紫外線ジワと乾燥シワ

2014.12.21 シワ・たるみ/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

シワにはいくつかの種類があります。対策と一緒に見てみましょう。

紫外線ジワ

紫外線ジワは、シワの最も大きな原因と言われています。
中でも1年中降り注ぐUV-A波と呼ばれる紫外線は、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、肌の弾力、水分を奪ってしまいます。紫外線によって肌の土台を壊されてしまうと、たるんだり、ゆがんだりし、肌の表面がよれてしまいます。これが紫外線シワのできる原因です。30代以降は特に気をつけたほうが良いようで、肌の修復力が下がり始め、さらに今まで浴びた紫外線ダメージが表面化しやすくなるようです。

紫外線ジワの予防対策

紫外線ジワを予防するためには、1年を通してUVカット化粧品などを使用することが大切。 季節ごとに紫外線量は変わりますから、肌の負担にならないよう、日焼け止めなどを使い分けるとよい。特にPA値に注目し、紫外線の少ない時期は++、多い時期は+++など、時期に合わせて日焼け止めを使用することが重要。

乾燥シワ

乾燥シワは、肌の乾燥によって起こるシワです。早い人は20代前半から細かいシワが目立ち始めるようで、原因は水分不足。

乾燥シワの予防対策

乾燥シワ対策はとにかく保湿しかないようです。
秋から初春にかけては空気も乾燥しやすいので、加湿器を使ったり、蒸し物料理で蒸気を部屋中に充満させる、寝る前に洗濯物を干すなど、湿度を下げない工夫をするといい。乾燥が気になるときにはフェイスミストを欠けるのも効果が期待できそうです。水分量は年齢とともに減少しますので、水分保持できる美容成分配合の美容液や、保湿成分入りの化粧水などを活用しましょう。

その他のシワと予防対策

他にも表情筋を鍛えることで表情ジワや筋肉老化ジワ、急激に痩せることで起こる痩せジワ、過度のスキンケアでできるスキンケアジワの改善へ導きます。痩せジワは無理なダイエットの際、皮膚のみが取り残されてしまうことで起こりやすく、ダイエットは徐々に体重を落とすようにし、食事の栄養バランスを取ることで対策が摂れるということです。スキンケアジワは、優しく肌に触れることが、最も良い対策だそうです。

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる