まぶしいほど日差しが強い青空の下でほほ笑む女性 まぶしいほど日差しが強い青空の下でほほ笑む女性

ソバカスの原因と対策とは-3つのケア方法

2014.12.21 シミ・ソバカス/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソバカスは目元周辺、頬の上に小さく散らばってできる茶色い斑点で、「春から夏頃に色を濃くする」という特徴を持っています。さて、その原因とはどんなものなのでしょうか?

ソバカスの3つの原因

ソバカスの原因1「先天的・後天的」

原因は大きく2つに分けられ、先天的なソバカス、後天的なソバカスがあります。 先天的なソバカスの場合、思春期頃に数が増えるといわれており、思春期を終えると自然となくなることもあるそう。 後天的なソバカスは、大人になってからできるもので、先天的なものと違い、消えることはほとんどありません。 後天性の場合、加齢とともにソバカスが目立つようになるようです。

ソバカスの原因2「体質」

ソバカスは、体質でもできやすい場合があります。 親兄弟がソバカスを持っているというような場合、本人にもソバカスができやすいと言われています。 また紫外線や間違ったスキンケア、洗顔、化粧品との相性、ストレスや鋭意用不足、睡眠不足でもソバカスができると言われていますが、中でも最も大きな原因となるのは紫外線。

ソバカスの原因3「活性酸素」

ソバカスの原因は活性酸素と言われています。活性酸素は細胞のサビの原因で、老化を進めてしまいます。 この活性酸素は紫外線や外部からの刺激によってできるもの。刺激によってメラノサイトからメラニンを生成し、肌を黒く日焼けの状態になります。 メラニン色素は肌を外的刺激から守るために黒くすると言われているのですが、その結果できてしまうのがソバカスなのです。肌の内側で色素沈着が進行し、じわじわと目立つようになっていきます。

ソバカスの3つのケア方法

ソバカスをケアするためには3つの方法が推奨されています。

ソバカスのケア方法1「紫外線対策」

1つは紫外線対策。 ソバカスの原因は紫外線ですから、紫外線対策は重要になるということです。 紫外線対策とは、外出時でも在宅中でも、日焼け止めやUVカット化粧品を使用するといったことが基本になるようです。 紫外線が強まる季節、天気の場合は、美白効果を持つ化粧品に効果が見られるといわれています。

ソバカスのケア方法2「スキンケア」

2つ目はスキンケア。 肌への刺激はメラニンの生成につながり、ソバカスを増やす、濃くする原因になるといわれています。 タオルで水分をふき取る際は、優しく押さえるようにし、こすらないようにするといいそうです。

ソバカスのケア方法3「ビタミン類、たんぱく質」

3つ目はビタミン類、たんぱく質などの補給。 たとえばビタミンAには活性酸素除去作用のあるβカロテンへの変換作用が、ビタミンEには新陳代謝促進作用が、ビタミンCにはメラニンが肌に沈着するのを予防する作用があるとされています。 中でも卵、牛乳、鶏ささみなどは、たんぱく質が豊富で、ビタミンCとの相性が抜群、さらにコラーゲンをたくさん作るとされています。 意識してソバカスケアをするといいでしょう。

シミ・ソバカスのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる