大きなシミを気にする女性のイメージ写真 大きなシミを気にする女性のイメージ写真

シミの種類とは-原因と対処法について

2014.12.21 シミ・ソバカス/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

シミには様々な種類があり、原因もそれぞれ違います。どのようなシミがあるのかご紹介します。

よく見られるシミ

老人性色素斑

シミの種類の中でもっと多いと言われています。 紫外線を浴びた肌がメラニン色素を作り出し、沈着することで生じます。 できる場所は頬骨、こめかみ付近が多いようで、大きさも小さいものから大きいものまで様々。 平坦、丸いのが特徴です。

肝斑(かんぱん)

頬骨、鼻の下、額と、顔の中心線に左右対称にできる、濃さが均一的なシミ。 現れやすいのは30~40代の女性が多く、閉経すると消えるといわれています。 そのため女性ホルモンが関わっているのではないかという見解も。

雀卵斑

いわゆる「ソバカス」。 鼻を中心として顔全体に散らばっているように見えます。 遺伝性があり、小学生頃にはもう現れています。 大きさは最大米粒ほどで、淡い褐色、成長すると増える、紫外線によって濃くなることがあるので注意。

遅発性両側性太田母斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはん)

額や目周辺、頬など、生まれつき持っているシミのことで、茶褐色、青色をしています。 日本人に特に多く見られ、生後すぐ発生するものもありますし、20歳以降出てくるものも。 眼の下にある場合、くまに間違われることも多いですが、レーザー治療の効果が期待できるようです。

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

イボのように盛り上がっていますが、これはシミが角化し、隆起したもの。 顔以外にも手の甲に出ることがあります。 炭酸ガスレーザーによって削る、色素レーザーによる照射でしか治療はできないそうです。

シミができてしまう原因と対処法

シミの原因として最も多いのは紫外線。 メラノサイトが紫外線に反応し、メラニン色素ができます。 肌のターンオーバー(入れ替わりやその速度・割合など)が上手くいき、肌が生まれ変わればシミもできませんが、ターンオーバーが上手くいかずに肌表面に残ってしまうと、そのままシミになってしまいます。

シミを作らないためには、以下の項目を見直すことが有効

  • 規則正しい生活
  • ビタミン類(C、B、B2など)、たんぱく質などの補給
  • 外出時や在宅中でも、日焼け止めやUVカット化粧品を使用することが基本

シミ対策のためにも、シミの種類を知り、正しい対処法をしていきましょう。

シミ・ソバカスのキーワード

※ 本記事は美容情報の提供を目的としており、医学的な正確性、効果や効能を保証するものではありません。本記事は自己の責任において利用し、必要ならば適切な医療機関を受診するなど、ご自身の判断で行ってください。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる