space
Dummy Dummy

内服薬とは

美容皮膚科の治療法

一般的な市販のサプリメントはあくまで「健康食品」ですが、クリニック処方のものは医薬品となるため、さらに高い効果が期待できます。一度に飲み過ぎると下痢などを起こす場合がありますので、ドクターが指定した規定量を必ず守ることが大切です。

クリニックによっては、「美白セット」や「ダイエットセット」「ニキビセット」など、目的に併せて複数の薬剤やビタミンをブレンドした内服薬を扱っている場合があります。

美容皮膚科で扱っている内服薬の種類

ダイエット治療用内服薬

食欲を抑えるタイプと、食事の油分の吸収・分解を抑制するタイプ、体脂肪を減らすタイプの3種類があります。あなたの体質と生活習慣からドクターが適切な内服薬を処方してくれるので、まずはクリニックで相談してみることをオススメします。

美肌・美白・肝斑治療用内服薬

トラネキサム酸やプラセンタ、ビタミンCなどの薬剤を用いて、くすみやシミ、肝斑の元となるメラニンに作用して透明感のある肌をつくったり、活性酸素を抑制して老化を予防します。肌細胞が生まれ変わるターンオーバーは最短で28日であるため、数ヶ月続けることで効果をより実感しやすくなります。

エイジングケア用内服薬

プラセンタや各種ビタミンなどの力で高いエイジングケア効果が期待できるほか、シミやニキビなどの肌トラブルも改善へ導きます。

薄毛治療用内服薬

髪が抜け落ちるのを防ぎ、健康な髪を育てる内服薬です。毛根に充分な栄養を与えて髪の成長を助ける作用が期待できます。男性用、女性用、また男女ともに使用できるタイプがあります。効果を実感できるまでには個人差がありますが、飲み続けておよそ3~6ヶ月ほどで効果が実感できることが多いようです。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

Twitter

Facebookページ

Twitter

Facebookページ

Twitter