space
Dummy Dummy

液体窒素療法(冷凍凝固法)とは

美容皮膚科の治療法

『液体窒素療法』は『冷凍凝固法』とも呼ばれるイボの治療法のひとつで、-196℃の液体窒素でイボを凍らせて除去するというものです。医療用の綿棒に液体窒素をつけて、イボのある部分の細胞を低温やけどにより壊死させることで、新陳代謝を活性化させて健康な皮膚の再生を促します。

人によっては強い痛みを感じることがあり、治療後に水ぶくれや内出血が生じる場合もあります。患部は数日後にはかさぶたとなって自然に落ちていきますが、部位によっては数回の治療を繰り返す必要があるようです。また『液体窒素療法』はウイルス性イボだけでなく、老人性のイボ治療にも用いられます。

液体窒素(冷凍凝固法)のメリット・デメリット

【メリット】健康保険の適用ができる

クリニックによっては、『液体窒素療法』は健康保険の対象となる場合があります。数回の治療が必要になることが多いため、より治療費用を安く抑えることができます。

【デメリット】強い痛みや水ぶくれなどを伴うことがある

『液体窒素療法』は皮膚に低温やけどを起こして壊死させるため、水ぶくれや血豆などができた場合はつぶさないように気をつけたり、入浴の際にも注意しなくてはならないなどの規制が生じます。

【デメリット】治療に何回か通院が必要

1回でイボを完全に取りきることは難しいため、数回に分けて治療を継続しなくてはなりません。症状によって個人差がありますが、イボを取りきるまでに3ヶ月~1年ほどかかる場合もあるようです。

【デメリット】再発の可能性がある

イボには「根っこ」があり、皮膚の奥深くまで入り込んでしまっている場合もあります。その場合には液体窒素では取りきることが難しく、再発することもあります。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

Twitter

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる

Facebookページ

Twitter

Facebookページ

Twitter