space
Dummy Dummy

ウイルス性イボ注射療法とは

美容皮膚科の治療法

気がつくといつの間にかできている小さなイボ。「カミソリで自分で切り取っちゃおう」なんて絶対にやってはいけません。イボは単なる皮膚の出っ張りではなく、「ヒトパピローマウイルス」が原因で皮膚が隆起したものがほとんどで、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)という病気の一種です。自分で切り取ろうとするとイボ内のウイルスが拡散し、他の部位に転移してしまう危険性があります。

注射によるイボ治療は、治療時に強い痛みがありますが、レーザーや『液体窒素(冷凍凝固法)』での治療で改善できないイボにも効果が期待できます。薬剤にはウイルス性イボのDNAにダメージを与えて増殖を防ぐ「ブレオマイシン」と、ウイルス性イボの進行を止める「インターフェロン」があります。

注射をすると、イボの部分がかさぶたのようになって数日後にポロリと落ちていきます。ウイルス性イボの注射治療は健康保険の適用外となるため、1回あたりの治療費が高価になる場合があります。また、イボの状態により必要な治療回数も異なります。         

こんな人はウイルス性イボの可能性があります

足や手、顔に角質化したイボがある

「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」という、もっともポピュラーなウイルス性のイボです。イボの表面はガサガサしており、小さな黒い点が存在する場合があります。

手のひらや指、足の裏にツルツルしたイボがある

このタイプのイボは「ミルメシア」と呼ばれ、急に成長するようなことはほとんどないタイプですが、このタイプも「ヒトパピローマウイルス」が原因でできるウイルス性のイボです。

手の甲や顔に小さな柔らかいイボがたくさんある

「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」というイボです。このタイプも大きくはなりにくいものの、再発しやすいと言われています。小さく目立たないため、イボということに気づきにくいことが特徴です。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

Twitter

Facebookページ

Twitter

Facebookページ

Twitter