space
Dummy Dummy

ケミカルピーリングとは

美容皮膚科の治療法

あなたが今、シミやくすみ、ニキビなどで悩んでいるのなら、それはもしかしたら肌のターンオーバーの影響かもしれません。肌の奥深くでは常に新しい細胞がつくり出され、古い細胞は自然と落ちていくもの。健康的な肌はおよそ28日周期で肌が生まれ変わると言われています。

しかし加齢やストレス、睡眠不足などの理由でターンオーバーの周期が乱れると古い角質が残りがちに・・・。その結果、くすみやニキビ、シミなどのトラブルが出てくるというわけです。

『ケミカルピーリング』はそうした古い角質を薬剤の力でムリなく落として、新しい肌細胞が表面に出るのを助けるほか、肌内のコラーゲンやエラスチンの産生を増やして小じわを改善へ導くなど、エイジングケア効果も期待できます。2~4週間に1度くらいのペースで繰り返し治療を受けると、より高い効果が実感できるそうです。

ケミカルピーリングに使用される薬剤(一例)

グリコール酸ピーリング

フルーツ酸の一種であるグリコール酸は、ケミカルピーリングに使用されるもっとも一般的な薬剤です。肌の代謝促進・メラニン色素の抑制効果に優れていると言われています。シミやソバカス、くすみなどの改善が期待でき、特に大人ニキビに悩む人に人気が高いようです。

サリチル酸マクロゴールピーリング

グリコール酸に比べて皮膚深部への浸透力が弱く、角質層のみに働きかけるピーリング剤です。角質層以外の細胞を傷つけないため、皮膚が赤くなったり、皮がむけるといった肌トラブルがほとんどありません。肌が弱い人にもオススメです。

乳酸ピーリング

乳酸ピーリングは肌への刺激がそれほど強くないため、肌が弱い人や高齢の人に適しているピーリングです。色素沈着によるくすみやシミに効果的と言われています。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ

Twitter

Facebookページ

Twitter

Facebookページ

Twitter