朝起きるのが辛い…ランチ後に強烈な眠気に襲われる貴方へ。深い眠りでスッキリ目覚めるヨガポーズ。 朝起きるのが辛い…ランチ後に強烈な眠気に襲われる貴方へ。深い眠りでスッキリ目覚めるヨガポーズ。
画像出典: fotolia

ランチ後の睡魔がつらすぎる…。そんな方におすすめのヨガポーズ!

2018年06月14日
ヨガインストラクター兼、睡眠のプロ、内藤絢です。この季節、暑さと湿気で身体が重い、ダルイ、やる気が出ない事はありませんか?朝起きるのが辛かったり、ランチ後に強烈な眠気に襲われたりしていませんか?今日はこのお悩みを「ヨガ+深い眠り」でスッキリするコツをご紹介します。

起きるのが辛い…ランチ後の強烈な眠気、何故起こるの?

低気圧=私達の体内に入る酸素量が少なくなり、全身の巡りが悪くなります。

天気が良い=高気圧の時は空に雲が無いので、地上と空の間に空気量が多くなり、自ずと体内に入る酸素量が増え、全身の巡りが良くなり身体が軽くなります。晴れているとアクティブに動きたい、雨だと家にこもりたいと思うのは「体内に入る酸素量の違い」です。

また、体内に入る酸素量が少ない=呼吸が浅い=睡眠が浅くなる。これが朝起きるのが辛い、ランチ後の強烈な眠気の原因です。

そのお悩み、酸素をたっぷり取り込めるヨガのポーズでスッキリさせましょう!

ヨガ
画像出典: 美LAB.

1、決まったポーズ

呼吸が浅い=胸や肩甲骨が硬くなり、猫背や巻き肩の原因。

姿勢が崩れるとこわばる鼠径部、股関節、体側面、胸を開いて肩甲骨周りの硬さも和らげ、身体の前面が解放されて呼吸が深まり、安眠効果の他にも消化機能を上げて内臓疲労にも良いとされています。

吐く息で身体の前面の詰まりを取るイメージで、30秒〜2分ほどキープ。※腰痛、脚が開かない時は脚を長座にして調整します。

ヨガ
画像出典: 美LAB.

2、両膝を立てるねじりのポーズ

ねじる動作は綺麗なウエスト作り+内臓活性、自律調整を良くするといわれています。

仰向けで膝を立て、吐く息で左右交互に倒して腰回りを解す→片方だけ倒して吐く息で30秒ほど止める。を2回ずつ。※腕の高さは肩に痛みがある時、脇腹の横に添えます。

身体の前面を開き呼吸を深め、ねじりで背骨を動かし自律神経を整えて深い眠りを

今回紹介した2つのポーズは就寝前、ベッドや布団で行える物です。特におすすめのタイミングは「お風呂上がりの身体が温まった時」

温まった身体で更にほぐれて深く眠れます。これで朝の目覚めがスッキリして、ランチ後の強烈な眠気を解消できるはずです!

ご紹介したヨガポーズで、これからの梅雨時期をスッキリ気持ち良く迎えましょう♪

執筆者:
内藤 絢

LINE@で美LAB.を

友だち追加数