便秘のぽっこり下っ腹をなんとかしたい!ぺちゃんこ腹に整えるコツ 便秘のぽっこり下っ腹をなんとかしたい!ぺちゃんこ腹に整えるコツ

便秘の下っ腹をなんとかしたい!ぺちゃんこ腹に整えるコツ

2018.04.16 痩身/ストレッチ・エクササイズ
便秘がちだと、下っ腹がポッコリ。お腹周りがスッキリしたファッションを楽しめなかったり、ぽっこりお腹が気になって上着で隠してしまったり……。自信をもってファッションを楽しめるように。便秘を予防・改善するコツをご紹介します。

ますは食生活の改善を!

便秘の大きな要因の一つは、食生活。食べる量が少なすぎてうまく便がつくられなかったり、加工食品や味付けの濃い食事を日常的に摂取することで腸内環境が悪くなっていたりしては、便秘を促進してしまいかねません。

まずは、栄養バランスの良い食生活に整えてください。納豆・ヨーグルトなどの発酵食品や、ビタミン・ミネラルが豊富なフルーツ、食物繊維が豊富な野菜類を積極的に食べましょう。

お腹を温める

冷えは血液・リンパ液などの体液循環や代謝を低下させる要因。冷え性になると、むくみや便秘に悩まされやすくなります。

寒い季節はお腹を温めることも大切。薄手の腹巻きやカイロなどを活用するといいでしょう。また、温かいスープなど内臓が温まるものを食べることも大切です。

お腹を温める

ガスが溜まったらガス抜きを!

腹が重く、ガスが溜まっているなと感じたら、お腹を動かすエクササイズを。手軽にできるものを2つご紹介します。

腸を目覚めさせる「お腹回し」

1. 腰に手を当て、姿勢を正す
2. できる限り大きな円を描くように、右にぐるっと腰を回す
3. 同じように、左にぐるっと腰を回す

左右20回ずつ行いましょう。

お腹回し

溜まったガスを抜く1ポーズ

1. うつ伏せになって上半身を持ち上げ、両手で支える
2. 足は肩幅程度に開く
3. 息を吸いながら胸を張り、上半身を反らせる
4. 限界まで反ったら、10秒ほど深呼吸
5. 息を吐きながらゆっくり上半身を楽にする

1〜5を1セットとして、5セットおこないましょう。

溜まったガスを抜く1ポーズ

ぜひ、習慣から改善しながら、エクササイズを取り入れてみてくださいね。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる