美容鍼灸・整体師が伝授!3分で美尻になるツボ・マッサージ 美容鍼灸・整体師が伝授!3分で美尻になるツボ・マッサージ
画像出典: fotolia

垂れ尻をストップ!3分で「美尻」になるツボ・マッサージ

2018年03月14日
みなさん、こんにちは!美容鍼灸・整体師の横内稚乃です。春の気配を感じるこの頃ですね。しかしながら、朝晩の寒さから、お尻が冷えて、脂肪がつき、ヒップと太ももの境目がなくなるくらいに垂れて悩むことはありませんか?そこで今回は、「美尻になるツボ・マッサージ」について伝授します。

◆お尻が垂れる理由とは?

まず、お尻には、大殿筋(だいでんきん)、中殿筋(ちゅうでんきん)という2種類の筋肉があり、丸みを作っています。

大殿筋は、骨盤から、太ももの骨(大腿骨/だいたいこつ)に伸びている太い筋肉で、お尻を下から支え、持ち上げる働きが期待できます。中殿筋は、足の付け根から腰にかけて左右にあり、骨盤と股関節を結ぶ筋肉です。骨盤の歪みやお尻が垂れるのを予防する働きが期待できるのです。

ところが、デスクワークなどで1日中座っていると、骨盤が開きやすくなります。そのことで、お尻の筋肉が引っ張られて垂れやすくなります。さらに、長時間同じ姿勢でいる影響でお尻の筋肉が冷え、基礎代謝が下がり、脂肪やセルライトがつきやすくなってしまうのです。

また、ヒールの高い靴をはく機会が多いOLさんは、膝を曲げたまま太ももの筋肉を使い歩く傾向があり、お尻の筋肉はあまり使われなくなりがちです。

ヒールの高い靴
画像出典: fotolia

◆垂れ尻を予防する美習慣

1.普段より、大股で早歩きしましょう。
歩幅を広めにすることで、骨盤の歪みを整え、ヒップアップ効果が期待できます。歩き始めに、足の親指の付け根で地面を蹴り上げるようにすることで、太ももの後ろからお尻にかけて筋肉が引き締まりやすいです。

2.毛糸のパンツなどですっぽりとお尻を保温しましょう。
太ももやお尻の冷えの改善効果が期待できますよ。また、腸の働きが良くなり、便秘や下痢の予防にもつながります。

3.湯船につかりながら、脚を伸ばしましょう。
脚を伸ばして座ることで、お尻の筋肉のストレッチにもなりますよ。また、お尻全体が温まりやすく、脂肪が燃えやすくなるのです。

湯舟で脚を伸ばす
画像出典: fotolia

◆美容鍼灸・整体師が伝授!美尻になるツボ・マッサージ

1.承扶(しょうふ)
お尻と太ももの境目の中央にあるツボです。親指でお尻を持ち上げるように、10秒間押したり離したりを繰り返してくださいね。お尻や太ももの筋肉が引き締まりやすいですよ。

2.次髎(じりょう)
お尻の割れ目の上にある骨(仙骨)の中央より上の左右のくぼみにあるツボです。両手のひらを仙骨にあて、さすりながらマッサージしてくださいね。骨盤内の血行を促進に導き、ヒップアップの他にも生理痛の改善効果も期待できます。

3.環跳(かんちょう)
横向けに寝て、股関節を曲げて太ももの骨(大腿骨だいたいこつ)の付け根のシワの外側にあるツボです。手をこぶしの形にして、強めにぐりぐり押してくださいね。お尻や太もものむくみを改善に導けます。また、股関節の凝りがほぐれやすくなります。

垂れ尻を解消に導き、美尻を手に入れましょう!

執筆者:
横内 稚乃

LINE@で美LAB.を

友だち追加数