知ってた?旬の大根の持つパワー。「胃腸の不調を和らげてくれる?!」 知ってた?旬の大根の持つパワー。「胃腸の不調を和らげてくれる?!」

国際薬膳調理師が教える!旬の「大根」の持つパワーって?

2018.01.08 痩身/食事・栄養学
スーパーに美味しそうな大根がたくさん出ていますね。おでんに、お鍋に、おろしに・・と、いろんな形で私たちの食卓を楽しませてくれる大根ですが、その大根の持つパワーって知ってますか?実は嬉しいパワーが大根には沢山詰まっているんですよ。今回は国際薬膳調理師の私が大根の持つパワーについてお話しします!

大根のもつパワーとは?

私たちの食卓や食事の席で頂く機会が多い大根。7~8月も旬ですが、11月~3月も大根は旬なんです。ですので、今の時期スーパーや産直でも美味しそうな大根を目にする機会が多いと思います。美味しい大根ですが、大根の持つパワーを知っていますか?

大根

【大根の持つパワー】
●未消化物をとりのぞいてくれる"消食″というパワー
⇒なんだか胃がすっきりしなくて気持ち悪い・・などの不快感を感じる時ってあると思います。胃の不快感にも色々種類がありますが、大根は消化不良の時にとても良い働きをしてくれます。胃のつかえ感や、お腹のハリにも大根が嬉しい働きをしてくれます。

●胃腸系システムの不調を和らげてくれる"寛中(かんちゅう)″というパワー
⇒消食と少し似たところがありますが、中医学では体を上焦・中焦・下焦と分け、中焦が胃腸系システムなどを指します。寛は症状を和らげてくれるという意味ですので胃腸系システムの不調を和らげるというパワーがあります。

●咳やタンをとりのぞく"化痰″というパワー
⇒水分代謝がうまくいかないと体内で痰がうまれますが、その痰を取り除かないと咳・痰・吐き気・嘔吐・めまいなどの症状が出てきてしまうので、痰がからみやすいなという方はこの大根のパワーが嬉しいですね。また喉にも良い効果が期待できますので風邪をひいたときなど喉の調子が良くない時に大根はとてもお勧めです。

●あがった気をさげてくれる"降気″というパワー
⇒上逆した気を降ろして気の巡りを良くしてくれます。例えばイライラした時って気の巡りが悪くなっているのです。頭に血がのぼるような感じで体中が熱い感じがしませんか?そんな時に大根を頂くと、上がった気を下げてクールダウンしてくれる働きがあります。またげっぷやしゃっくりが出るときも気の巡りが順調に巡っていないとされているので、そんな時は大根を頂きましょう。

また、大根の葉には気を巡らせるパワーがあります。イライラしたり欝々した時にとても大根の葉が良い働きをしてくれますので、出来ることなら大根は葉付きのものを選びましょう。

気の巡りが悪い状態

大根は体を冷やす?温める?

大根は中医学の世界では体を冷やす傾向にある涼性というグループに分類されます。通常、体を冷やす食材は加熱をしても冷やすことには変わりはないのですが、この大根は例外で加熱をすると温めもしない、冷やしもしない平性に変わります。ですので、おろした大根や、お刺身についてるツマなどは冷やしますが、おでんやお鍋などで加熱をしたものは平性に変わります。

大根は、体の調子を見て熱を加えたり、生で頂く機会を分けるとますます体が喜びますので、食べる前に体の状態をみてみてくださいね。例えば胃腸の調子があまりよくない時は冷やすとさらに辛くなってしまうので、加熱した大根を。でも、イライラしている時や体が熱をもっていそうな時は(過食気味の時など)生のまま頂くことをおすすめします。

終わりに・・・

いかがでしたか?大根の知らなかった魅力を知って頂けたでしょうか。大根は頂く機会も多いと思うのでぜひこの知恵を知って頂き、「大根ってね、こんなパワーがあるんだよ!」とお話をしながら食べて頂けら嬉しいです。食材のパワーを知るとますます食べるのが楽しくなりますよ!

参考文献:現代の食卓に生かす「食物性味表」,日本中医食養学会 (著),‎ 仙頭 正四郎 (監修),‎ 国立北京中医薬大学日本校
薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖,植木 もも子 (監修),‎ 喩 静,西東社

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる